作業BGMに最適!良質な環境音を提供してくれるWEBサイト5選

      2014/02/26

5-bgm-web
全くの無音な空間より、ある程度の雑音がある空間の方が集中力がアップする。

不思議なもんですね、わたしもたまにスタバなどのカフェで仕事のメールを書いたりブログの記事を書いたりする事がありますが、たしかに不思議と作業に集中できます。そんな作業BGMとして最適な環境音を、無料でなおかつ流しっぱなしで提供してくれるWEBサイトをまとめてみました。

スポンサーリンク

良質な環境音を提供してくれるWEBサイト5選

Coffitivity

coffitivity-shot
カフェ音専門のWEBサービスですね。どうやらこの手の環境音サイトの火付け役的な存在らしく、人気が高いみたいです。ほかのサイトでははカフェの音は1種類ですが、さすがにこのサイトはカフェ音専門ということか、朝のカフェと昼のカフェ、そして大学のカフェ?の3種類が用意されています。

Rainy Cafe

rainycafe-shot
カフェ音と雨の音とをMIXして楽しめるサイトです。雨の音も個人的にはすごく好きで、不思議とリラックスできますよね。

soundrown

soundrown-shot
カフェ音と雨の音のほかに、波の音や鳥のさえずりなど、いろんな環境音が楽しめます。あとここの特徴は、公園で遊ぶ子供の声が用意されているところでしょうか。個人的には子供の声は、ちょっち作業に集中できないかな…(苦笑

Noisli

Noisli-shot
ここもいろんな環境音が用意されています。特徴としてはホワイトノイズとブラウンノイズ、ピンクノイズの3種類の信号雑音が選択できるところでしょうか。
何ですかその3種類のノイズは?って人はわたしに聞かないでくださいね!
※下記まとめが分かりやすく解説されているようでした。
集中高めたいときにおすすめ! SimplyNoiseで耳を「ノイズ」にひたらせる。 – NAVER まとめ

JazzAndRain.com

jazzandrain-shot
純粋な環境音サイトとは少しズレるかもしれませんが、雨の音と良質なJAZZをMIXして楽しめるサイトです。いやぁ雨の音とJAZZの組み合わせは、作業BGMとしては最強ですね!実は個人的にこのサイトが一番のお気に入りです。

いかがでしょうか?例えば同じカフェ音を1つ取ってみても、サイトによって音が違ってたりするようですし、ほかにも調べればいろんなサイトがあるようですので、ぜひご自身の気に入った環境音サイトを見つけて、作業効率アップやリラックスに活用してください。

 - WEBサービス

スポンサーリンク

  関連記事

初めての方は必見!これさえ読めば確定申告がグッと楽になる良質サイトまとめ

これから初めて確定申告を行うという方におすすめの、確定申告に関する情報が充実している良質サイトを5つ …

いまさらながら「Evernote」を使いこなしたい3つの理由

最近、切に感じていることがあります。それは「Evernoteを使いこなせるようにならんとなぁ……」と …

クラウド会計ソフト「freee」(フリー)のアカウント登録から口座登録までを試してみた

クラウド会計ソフト「freee」(フリー)のアカウント登録から口座登録までの手順について、詳しく解説 …

「note」との出会いは、新しいおもちゃを与えられた子どものようなワクワク感!

「つくる、つながる、とどける。」のキャッチフレーズで新しく登場したSNSサービスの「note」が、ク …

ロリポップ!メールをGmailで送受信するための設定方法とその注意点

ロリポップ!メールをGmailで送受信するための設定方法と、その注意点についてご紹介します。Gmai …

Facebookページに日時指定で投稿を予約する方法

photo credit: mkhmarketing via photopin cc Faceboo …

ネットでスタバのギフトカードを贈ろう!「Starbucks eGift」がオシャレでいい感じ

スターバックスコーヒーのオンラインギフトサービス「Starbucks eGift」についてご紹介しま …

Twitterのフォロー管理は「ツイ助」と「アトミ式フォロワー管理機」がとっても便利

photo credit: Philip Oyarzo via photopin cc 公式サイトや …

お名前.comでWhois情報公開代行を絶対に忘れてはいけないというお話

お名前.comでドメインを取得するとき、Whois情報公開代行を登録し忘れてしまうと、別途980円( …

浅田真央さんのフリー演技が感動的過ぎて、NAVERまとめを初体験してみた

2月21日 の深夜、わたしはテレビを観ながら泣いていました。感動モノの映画を観ていたというわけではあ …