ブログって何を書けばいい?ブログを書く上で大事にしたい9つの視点

      2014/12/01

photo credit: pennstatenews via photopin cc

ブログって何を書けばいい?ブロクのネタが見つからない…。ブロガーにはそんな悩みが尽きませんよね。今回は、そんなときに思い出したい「ブログを書く上で大事にしたい9つの視点」をご紹介します!

スポンサーリンク

おかげさまで今回の記事は、当ブログ「32style」の100記事目となります。まだ100記事ですが、されど100記事。とりあえずここまで続けてこれた自分を、ちょっとだけ褒めてあげたいと思います。あ、あと、だれか褒めてください!

100記事目は「気合の入った特別な記事を書きたい!」という気持ちもあったのですが、あまりハードルを上げすぎてしまうと、いつまでたっても記事を公開することができないので、あまり力を入れすぎずに、普段着の感じで行こうと思いますよー。

 

ブログって何を書けばいいんだろう?

ところで、ブログを始めたばかりの時って、「ブログを始めてみたものの、何を書けばいいんだろう?」といった素朴な疑問を持ったことってありませんか?あと、ブログを長く続けていても、記事の「産みの苦しみ」を味わうことも、決して少なくありません。

今回は、そんなときに思い出したい、わたしが100記事を書くまでの道のりで感じた、「ブログを書く上で大事にしたい9つの視点」について、お話しします。

ブログを書く上で大事にしたい9つの視点

題材の「かぶり」を恐れない

他のブログを読んでいて、「自分のブログでも取り上げたい」「取り上げようと思っていた」という記事を目にすることもあるかと思います。でもそこで、「もう先に書かれているから、自分は書くのをやめておこう。」と考えたことはありませんか?

じつはその考えは、非常にもったいない考えです。先を越されたのであればそこを逆手に取って、「独自の視点」をプラスしてみたり、不足している情報を補完したりして、「先の記事を超える」くらいの気持で書いてやりましょう。

実例記事

STINGER3のフッターを3カラムにカスタマイズしてみた

記事中にも書いていますが、STINGER3のフッターカスタマイズについての、他ブログ記事に共感し、わたしも同じ題材を取り上げました。ただ、独自の視点として、「3カラム」にカスタマイズするということと、可能な限り細かく解説を入れることで、不足情報を補完しています。

おかげさまで、当ブログの記事の中でも継続的に長く読まれている、人気記事になっていますよ!

書く必要がないと思うことをあえて書く

自分が持っているちょっとした知識や、日常のふとした気付きなんかをブログに書こうと思ったとき、「こんな些細なこと、わざわざ書く必要ないかな?」と考えたことってありませんか?

「自分が書かなくてもいい」「書く必要がない」と思う内容でも、読み手にとっては有益な情報かもしれません。と言うより、こういった記事のほうが意外にも人気が出て、多く読まれる傾向があります。自分の判断基準なんて大したことないんですよ。

書くか?書かないか?そんなことで迷う時間があったら、さっさと書いてしまったほうが、結果的に幸せになれることが多いです。

実例記事

WEBフォントで簡単に!STINGER3の細かいところにアイコンを入れてみた

「WEBフォント」で細かいところにアイコンを入れてみた経験を記事にしたのですが、じつは「こんな些細なこと、書くのやめとこうかな…」と迷いながら書いていました。ですが、いざ公開してみるとビックリ!意外にもニーズのあった題材だったみたいで、初めて「バズる」という、貴重な経験をさせてもらいました。

トラブルや失敗をネタにする

トラブルや失敗なんて、できれば経験したくないし、ちっとも嬉しくない。ですが、裏を返せばトラブルや失敗は、誰しもが経験できるものでもない、とても独自性の強い情報と捉えることができます。

トラブルや失敗は、積極的にブログ記事のネタにしましょう。失敗というマイナスの経験が、読者からの感謝というプラスの経験に変わる可能性を秘めています。恥ずかしがってたらもったいないですよ。同じトラブルや失敗をしている人の、解決への手引きにもなりますしね。

実例記事

iPhone5が急に充電できなくなったときに試した方がいいこと

愛用しているわたしのiPhone5が、急に充電できなくなるというトラブルに見舞われたときに書いた記事です。あまりにも意外な解決法という結末だったので、ごく一部の人にとっては、とても貴重な情報になるポテンシャルを秘めている…と、勝手に思ってます!(笑

ちょっとした疑問を掘り下げてみる

日々、過ごしている中でちょっとした疑問ってありますよね?そして今なら、スマホなどでサクッと検索して疑問を解決したりしますよね?

でも、それで終わりにしてしまうのは非常にもったいない。その疑問、ぜひブログ記事にも活用してみましょう。自分が感じた疑問は、他人も感じている疑問かもしれませんよ。

実例記事

ブログ運営に「画像最適化ツール」を活用すべきか検証してみた

ブログで使用している画像を「画像最適化ツール」で最適化すれば、はたしてパフォーマンスが向上するのだろうか?という、ちょっとした疑問を解決したくて検証してみたことを記事にしてみました。正直、中途半端な結果になってしまったのですが、まぁ、それも事実としての立派な結果ですからね。

ブームに乗っかってみる

ブログの世界では、たまに独自のブームが起こることがあります。そういったブームには、積極的に乗っかってみるといいでしょう。普段の記事では味わうことのできない、ブログ同士の横のつながりを感じることができますし、有名ブロガーさんとお知り合いになれるチャンスでもあります。

実例記事

私がそれでも三田市に住み続ける、その魅力を7つにまとめて語ります!

自分の住んでいる土地についての魅力や愛着なんかを語るブームに乗っかって書いた記事です。この記事のおかげで、有名ブログである「隠居系男子」さんのまとめ記事で掲載いただくことができたのと、Twitter上だけですが、鳥井さん(@hirofumi21)とやりとりさせていただくことができました。

一つ一つの情報が薄ければ、まとめてみる

ブログ記事になりうるネタをひらめいた!でも、情報量が薄すぎて記事にならないなぁ、と思った経験はないですか?そういった場合は、関連する情報をかき集めて、まとめ記事にすることをオススメします。

まとめ記事は、一つ一つの薄い情報を補完しあって、情報量が多く、そして価値の多いコンテンツに変身させることができます。あと、まとめ記事は、純粋に人気が出やすい傾向もあります。

実例記事

消費税増税をポジティブに!小銭貯金で気持ちを豊かにしよう

消費税の増税について何か記事を書こうと思っても、税の専門家でもないわたしには、薄い情報の記事しか書けそうにない…。そう思ったときに、すこし思考の枝を伸ばして、増税のタイミングだからこそ始めたい「小銭貯金」を題材に、貯金が楽しくなる貯金箱をまとめて紹介する記事に、アイデアを変身させてみました。

時事ネタにも乗れそうなら乗る

そのときに世間で話題を集めている「時事ネタ」を取り上げるということも、ブログ記事を書く上ではとても大事な視点ですね。時事ネタ色が強すぎてしまうと、長く読まれない一過性の記事になってしまうデメリットがありますが、人気を集めるあの瞬発性は魅力的ですね。

時事ネタと普遍的なネタを、バランスよく書いていきたいものです。

実例記事

浅田真央さんのフリー演技が感動的過ぎて、NAVERまとめを初体験してみた

ソチ冬季五輪で、感動的なフリー演技で当時の話題をさらった、浅田真央さんを題材にした記事です。時差の関係で、フリー演技が終わったのが深夜だったので、このときは半分寝ながらNAVERまとめと、この記事を書いてたことを思い出します(笑

テレビ番組を見てネタにする

最近、あまり積極的には観なくなったのですが、情報バラエティー系のテレビ番組には、結構な割合で良質なネタが転がっていたりします。印象に残ったネタをピックアップして、感想を加えたり独自のエッセンスを加えれば、立派なブログ記事のできあがりです。あとは時事ネタとしての強みも発揮できるでしょう。

実例記事

宮本哲也先生が語る、子どもを勉強嫌いにさせる親の問題行動とは!?

残念ながらこの春で終了してしまった「全力教室」という番組からネタをピックアップして書いた記事になります。普通に番組を観るだけでなく、こうやってブログ記事にすることによって、自分自身への情報吸収が飛躍的にアップしますね。ここで書いた内容は、今でもわたしの子育ての考えに活かされています。

雑誌や無料のタウン誌、情報誌からもネタを拾う

テレビだけでなく、雑誌や無料のタウン誌、情報誌からも、良質なネタを見つけることができます。日常生活で飛び込んでくるあらゆる情報源から、いかにブログ記事のネタを見つけることができるか、というアンテナを張り巡らせておくことが大事ですね。

実例記事

自分と子供の気質を見極めた子育て、できていますか?

近所のショッピングモールに設置してあった「miku」というフリーの育児情報誌から、ネタをピックアップして書いた記事です。無料で手に入るタウン誌や情報誌は、積極的に手にとってチェックしましょう。なにせ「無料」ですから!

さいごに

いかがでしょうか?普段着の記事にするつもりが、ちょっと眺めになってしまいましたね。自然と力が入ってしまったのでしょうか…(笑

まぁ、いろいろと言いましたが結局は、「書きたいときに書きたいことを書く!」ということが、ブログを長続きさせるコツでもあり、書き手の魅力を十分に引き出せる、唯一の方法ではないかな?と、最近は感じています。

これからも、記事の独自性を大事にしながら、書きたいときに書きたいことを書いて、200記事、300記事と続けていきたいと思います。

今後とも当ブログ「32style」を、どうぞよろしくお願いします!

 - ブログ論/運営

スポンサーリンク

  関連記事

ブログ更新が続けられない!初心者ブロガーに刺さるありがたいお言葉

昨年の11月末から始めたこのブログですが、正直悩んでます。それは初心者ブロガーが必ず陥るであろう悩み …

WordPressテーマ「Gorgeous (TCD013)」
ブログのデザインをTCDの「Gorgeous」に変更した3つの理由

2014年12月より、当ブログのデザインをTCDの「Gorgeous」(ゴージャス)というテーマをベ …

ブログ歴4ヶ月のわたしが考える、ブログを書く上で本当に大切なこと

ブログ歴4ヶ月の駆け出しブロガーなわたしですが、ブログを書くということはどういうことなのか、少しずつ …

そのブログ記事、あなたなら読みますか?

自分のブログ記事をより多くの人に読んでもらうために、大切にしたいことを整理してみました。それはズバリ …

WordPressのインストールにも最適!ブログの乗り換え候補にしたいレンタルサーバーまとめ

photo credit: seeweb via photopin cc 今使っているブログから、乗 …

写真が先か、テキストが先か、それが問題だ。

ブログ記事の2大要素であろう「写真とテキスト」。その位置関係が与える効果について、わたしなりに深く掘 …

ブログを書くという敷居を極限まで下げるために実践したい7つの方法

credit: Mike Bailey-Gates via FindCC 苦もなくブログを書く。そし …

Google Analyticsのトラッキングコードが急に表示されなくなった件

ついさきほど、なんとなく当ブログのソースをボケ〜っと確認していたのですが、自分の目を疑うような出来事 …

有名ブロガーたちが実践している名物コーナーをまとめてみた

最近になって当ブログは平均1日1記事のペースで投稿していますが、できればもう少し投稿のペースを上げた …

ブログテーマをSTINGER5に変更した理由と初期カスタマイズまとめ

当ブログのテーマを、TCDの「Gorgeous」から「STINGER5」に変更しました。テーマを変更 …