クロックスのスリッポン「ノーリン」(norlin)が軽快すぎる履き心地でちょっとヤバい!

      2015/05/14

先日購入したクロックスの新作スリッポン「ノーリン」(norlin)が手元に届いたので、見た目や使用感をレビューします。予想を上回る軽快な履き心地が、ちょっとヤバいレベルですよ!

スポンサーリンク

前回こちらの記事で、買う気満々と意気込んでご紹介したクロックスの新作、「ノーリン」(norlin)のスリッポンタイプ

こちら、注文した2日後には自宅に届いてました。早いですねー。ということで、まだ数日しか使用していませんが、「ノーリン」(norlin)の見た目や使用感について今回、早速レビューしたいと思います!

クロックス「ノーリン」(norlin)はシンプルですがすがしいデザイン

crocs-norlin-review-02

こちらが届いたダンボール。「crocs」のロゴが入ったテープで梱包されているので、クロックスの商品ということがひと目で分かりますね。そしてダンボールを持った時点から、すでに軽いんですけど。

crocs-norlin-review-03

ダンボールを開けると、ビニール袋の中に「ノーリン」がいることが確認できます。もうたまらん!早速、ビニールも開けちゃいましょう。あぁ、この瞬間が一番、テンション上がりますよね。

crocs-norlin-review-04

真っ白!そしてまぶしい!すがすがしい!!パッと見の第一印象は、そんな感じでしょうか。

元々シンプルなデザインの「ノーリン」。今回わたしが選んだカラー「white/white」は、全カラーの中でも一番のすがすがしさでしょう。これからの暖かくなる季節にはピッタリですね。

素材は清涼感があるキャンバス地

ソール以外の素材は、これまた清涼感があるキャンバス素材で作られています。ベロの横にあるゴムと「crocs」のタグ、そしてミッドソール横にあるラインは、薄いグレーでさり気ない感じ。

crocs-norlin-review-05

そしてかかとの部分にも、エンボス加工された「crocs」のロゴが入っています。同じ白なのでちょっと目立たないですが、これくらいの抑え目な方が、個人的には好きです。

crocs-norlin-review-06

インナーソールにはムレを抑える工夫が

インナーソールにはメッシュ素材のライニングが貼られています。これはムレを抑える効果があって、裸足で履いても快適な履き心地になるんだとか。

個人的にはおそらく、裸足で履くということは無いですけど、確かにこのメッシュ素材のシートがあるのと無いのとでは、肌触りや履き心地が変わってくるでしょうね。

crocs-norlin-review-07

アウターソールはクロックス定番のクロスライト素材

靴底のアウターソールは、クロックスのサンダルではお馴染みの「クロスライト」素材が使われています。もう説明するまでもないですよね。抜群のクッション性です!

crocs-norlin-review-08

このようにグニュっと握れば、靴底が折れ曲がるくらいの適度な柔らかさがあります。この柔らかさが、快適なクッション性を生み出しているんでしょうね。

crocs-norlin-review-09

履き心地はメチャ軽っ!!

ということで、そろそろ履いちゃってもいいですかね?我慢できないのでもう、履いちゃいますよっ!

crocs-norlin-review-10

何だコレ、ヤバい……。軽すぎるっ。予想通り、いや予想以上の軽快すぎる履き心地です。めっちゃイイですよコレ!

crocs-norlin-review-11

枯れた芝生をバックに撮影するというのに、同系色のチノを履いてくるという初歩的なミスをやらかしちゃったわたしです。でも「ノーリン」はベーシックなデザインなので、どんなパンツにも合わせられそうですね!(話をすり替えてみる。)

これからもっと暖かい季節になれば、スッキリめのハーフパンツに合わせるのもいいかも。

「ノーリン」があまりにも軽いので何グラムか計ってみた

それにしてもこの「ノーリン」、ほんと衝撃的に軽い履き心地なんですよ。衝撃的すぎたあまり、ふとした疑問がよぎりました。

  • この「ノーリン」って一体、何グラムなんだろうか?
  • ほかのスニーカーと比べて、どれくらい軽いんだろうか…?

思い立ったが吉日。さっそく台所からクッキングスケールを持ってきちゃいました。(奥さんゴメン、あとでちゃんと拭いとくから。)

まずは基準値を知りたいなーということで、メインのスニーカーとして愛用しているニューバランス「M1400」の片足の重さを測ってみます。ちなみにこの「M1400」は、「ノーリン」以上にクッション性がよくって、本当に履き心地バツグンなんですよ。

crocs-norlin-review-13

結果は388g。なるほど、だいたいこんなもんなんですね。おそらくこれでも、かなり軽い部類に入るはず。

それでは、「ノーリン」を測ってみましょうか!

crocs-norlin-review-14

な、なんと193gですって!メッチャ軽いじゃないですか。それにしても「M1400」の約半分の重さとは……数字で見ても衝撃的ですね。

しっかりとしたホールド感とやさしいひと工夫

スリッポンタイプの靴は、履きやすいかわりに「脱げやすい」というマイナスな性質も併せ持っていて、ときにはそれが「歩きにくさ」を感じさせてしまったりします。

ですがこの「ノーリン」は、履き口の周りに施されているクッションが、程よいホールド感を生み出していて、脱げてしまいそうと感じることが全くありません。

crocs-norlin-review-12

そしてこのクッション部の内側には、キャンバス素材ではなく合皮素材が使われています。それによって、靴を履く時の足の入りがよくなるし、くるぶしあたりの肌触りも良くなるといった効果があるんです。

crocs-norlin-review-17

このような「やさしいひと工夫」をさりげなく取り入れているところがまた、「ノーリン」の素晴らしさのひとつですね。

クロックス「ノーリン」(norlin)の気になるところ

基本的には大満足な「ノーリン」ですが、いくつか気になる点もあります。そちらについても触れておきますね。

キャンバス地なので水に弱く汚れやすそう

「ノーリン」はキャンバス素材で作られているので砂や泥などの汚れがつきやすい素材といえるでしょう。あと、雨なんかで濡れると、すぐ中まで水が染み込んでくるはずです。

とくに今回わたしが選んだカラー「white/white」なんかは、汚さずに履く方が不可能だと思うので、汚れが気になる方は「black / white」などの、濃い目のカラーを選んだほうが無難でしょう。

あと、なるべく水を侵入させないために、買ってすぐに「防水スプレー」をしておくことをオススメします。

crocs-norlin-review-15

ちなみに防水スプレーは、こちらが人気みたいですよ。

メッシュ素材のライニングが剥がれてきそう

シューズ内のムレを抑えてくれるメッシュ素材のライニングですが、単にインナーソールに貼り付けているだけなので履き込んでいくうちに剥がれてしまう可能性があります。

そうなると、ソール内の吸水性や履き心地にも影響してくるので、ちょっと心配な要素ではありますね。

サイズ選びに注意が必要

普段わたしは靴を選ぶとき、27cm〜28cmのサイズを選んでいます。そして今回は、ちょっと大きめになってもいいかな?と考えたので、「M10」(28cm)のサイズをチョイスしてみたんです。

でも実際に履いてみると、ジャストサイズだったんですよね。厚めの靴下を履いていた関係もあるかもしれませんが、「ノーリン」は、普段より1サイズ上を選んでジャストサイズくらいな感じです。

あくまで個人的な感覚ですが、ゆったりした大きめのサイズを選びたければ、思い切って2サイズくらい上を選んだほうがいいかも。

さいごに

かなり期待して購入した、クロックスの「ノーリン」(norlin)。まだ数日しか使っていませんが、期待以上に満足度の高い買い物になりました。

一番の魅力はやはり「軽さ」です。重い靴を履いていると、少し歩いただけですぐ疲れてしまいますからね。「ノーリン」には、そんな疲れとは無縁です。

リラックスしたい休日やリゾート用として。そして軽快に街を歩き回りたい買い物用として。あとは、移動が多くて立ちっぱなしの時間が長い仕事用としてなど、「ノーリン」は、多くのシーンで活用できそうなスニーカーです。

シンプルでおしゃれ。それでいて気軽に履きこなせるスリッポンとして、個人的にはこれからかなりヘビーに使いまわすと思います。

ただ、汚れがつきやすいキャンバス素材なので、最初に防水スプレーなどでしっかりと対策をして、できるだけ長く愛用できるようにしてあげたいですね。

クロックスの「ノーリン」(norlin)は、こちらのクロックス公式オンラインストアから注文できます。

クロックス 公式オンラインショップ

 

おまけ

同梱されているスニーカー用のハンガーは、捨てずに取っておきましょう。スニーカーを洗って干すときに、きっと役に立つでしょうから。

crocs-norlin-review-16

わたしが持っているそのほかのクロックス製品

ハンバーガーをモチーフにした「クロックバンド ハンバーガークロッグ」。こちらは昨年の夏に購入しました。公式のオンラインストアでは売り切れてしまっていますが、楽天市場では今でも販売しているようですよ。

 - 生活雑貨/モノ

スポンサーリンク

  関連記事

ロウヤのシンプル木製ワイドデスクとMac製品たち
奥行80cmで広々と開放的!ロウヤのシンプル木製ワイドデスクを買ってみた

ロウヤのシンプル木製ワイドデスク(奥行80cm、幅160cm)は、広々とした作業スペースが魅力です。 …

「クロックバンド ハンバーガー クロッグ」と芝生
ハンバーガーをモチーフにしたクロックス(crocs)が届いたので開封レビューしてみる!

クロックス・ジャパン社から発売された、ハンバーガーをモチーフにした「クロックバンド ハンバーガークロ …

足元をかざるワールドカップ応援グッズはクロックス(crocs)のワールドフラッグシリーズで決まり!

クロックス(crocs)のワールドフラッグシリーズは、2014FIFAワールドカップの主要な出場国の …

2015年クロックス福袋の先行販売開始は12月12日(金)の午前10時から!

クロックスの2015年福袋が、12月12日(金)の午前10時から「クロックス公式オンラインショップ」 …

キネティックサンドの手触りが気持ちよすぎる!室内で砂遊びができてプレゼントにも最適

室内で砂遊びができる「キネティックサンド」についてご紹介します。固まるのにしっとりフワフワな独特の手 …

クロックスの新作スリッポン「ノーリン」(norlin)の履き心地が楽そうで超欲しい!

クロックスの新作「ノーリン」(norlin)のスリッポンタイプが、2015年3月5日(木)から発売さ …

ハンバーガーをモチーフにしたクロックス(crocs)が可愛すぎて一目惚れした!

クロックス・ジャパン社から発売された、ハンバーガーをモチーフにした「クロックバンド ハンバーガークロ …

セカオワもハマった!ワードバスケットは子どもより大人が白熱するカードゲーム

しりとりとカードゲームを融合した、新感覚ワードゲームの「ワードバスケット」についてご紹介します。しり …

1万円台のおすすめワークチェア!ニトリ「タンパ3」が快適すぎで仕事が捗らない

最強のコストパフォーマンスワークチェアとして評価が高い、ニトリの「タンパ3」を購入しました。通気性が …

Macに似合う高音質スピーカーはONKYO「GX-70HD2」しか考えられない

ONKYOのPC用スピーカー「GX-70HD2」についてのレビュー記事です。鮮明で立体感のある音質も …