Googleウェブマスターツールで「タイトルタグの重複」が出たときに対処すべき方法

   

Googleウェブマスターツールで「タイトルタグの重複」が出たときには、タイトルタグの確認以外に、「canonical」タグが適切に設定されているかを再確認してみましょう。同じページなのに異なるページと判定されていると、サイトの評価も分割されてしまう可能性があるので、非常にもったいないですよ!

medium_8900978630
photo credit: Kat Northern Lights Man via photopin cc

じつは先週末あたりから、当サイトへのアクセス数が極端に減ってきているんです…(泣)とくに心当たりは無いのですが、とりあえずGoogleのことはGoogleに聞け!ということで、Googleウェブマスターツールを確認してみたところ、以前は検知されていなかったアラートが。

duplicate-title-tags-1

タイトルタグの重複…なんだそりゃ?まぁ、重大な問題というわけではなさそうなので、このアラートが検索順位を下げている直接的な原因ではないとは思うのですが、ちょっと気になる内容ですので、これを機にいろいろ調べて対処してみました。今回はその内容をご報告しますね!

スポンサーリンク

「タイトルタグの重複」の正体は…?

さて、タイトルタグの重複についての詳細を、さらに見てみると…

duplicate-title-tags-2

TOPページと、ページ送りした過去記事のページで、クエリパラメータ(「?」以降の部分)があるのと無いのとで、異なるページと判断されちゃってるみたいですね。ってか、この「?month=203712」ってパラメータはなんだろう。2037年12月ってこと??何かよからぬ攻撃でも受けているのでしょうか…。

すみません、ちょっと話がそれましたが、このクエリパラメータがあろうが無かろうが、実際には同じページです。なので今回のケースは、タイトルタグを更新するというより、Googleに「このページは同じページなんですよ〜」ってことを伝えてあげないといけませんね。

「canonical」タグとは?

さて、ここからが本題です。ちょっとややこしい話になるかもしれませんが、頑張ってついてきてくださいね!

本当は同じページなのに、Googleに違うページと勘違いされちゃった場合に対処すべきこと、それは「canonical」というタグを入れてやることです。canonicalタグとは、異なるURLを正規化する際に使用できるタグなのですが、詳しくは下記のサイトに書かれていました。ぜひご参考にしてください。

【海外SEOよくあるご質問】 canonical(カノニカル)タグとは? | 英語リスティングと英語サイト改善専門|世界へボカンの公式ブログ!
canonical …

Googleに異なるページと判断されたままだと、サイトの評価も分割されてしまう可能性があるんですね…んーそれはマズいっしょ。。

Googleウェブマスターツールで「タイトルタグの重複」が出たときに対処すべき方法

では実際に、canonicalタグを設定しましょう。ちなみに今回説明する内容は、わたしが当サイトでも利用している「WordPress」に対しての内容になりますので、WordPress以外のサイトですと設定方法が異なることを、何卒ご容赦ください。

  • wp_head関数で出力されるcanonicalタグを無効化する
  • header.phpのhead要素内にcanonicalタグを追加する

以上が、今回のお品書きになります。この時点で「なんのこっちゃ?」となっても、全然問題ありませんよ。では早速、順に見ていきましょう。

wp_head関数で出力されるcanonicalタグを無効化する

先ず、wp_head関数で出力されるcanonicalタグを無効化します。「ん、canonicalタグを入れると言ってるのに無効化するの?」と疑問に思われますよね。調べてみると、どうやらWordPressは個別記事のページのみcanonicalタグが入っていて、その他のページはcanonicalタグが入っていないという、とても中途半端な状態なんだとか。

なので一旦、個別記事のcanonicalタグを無効化してから、あらたに他のページをひっくるめてcanonicalタグを追加しちゃおうという構想です。この無効化をしないと逆に、個別記事のページでcanonicalタグがダブってしまうことになりますしね。

なお、wp_head関数で出力されるcanonicalタグを無効化は、function.phpに以下の一行を追記するだけです。

header.phpのhead要素内にcanonicalタグを追加する

次に、header.phpのhead要素内にcanonicalタグを追加します。いろいろ条件分岐が書かれていますが、個別記事のページ以外に、TOPページやカテゴリー毎の一覧ページ、あとは、ページ送りした過去記事のページにも適切なcanonicalタグが出力されるコードになっています。

はい、今回の設定手順は以上になります。あとはしばらく待ってGoogleウェブマスターツールの「タイトルタグの重複」が消えてくれるかどうかを待つのみですね。

さいごに

今回の設定手順につきましては、下記の「WEB Shufu」さんの記事がメチャクチャ参考になりました、ありがとうございます!

canonical urlは完璧ですか?SEO friendlyなWordPressサイトには絶対必要です。|ウェブシュフ
Web Shufu WordPress,SEO好きFP主夫の備忘録 t f g r fee dly …

最初にも言いましたように、このアラートが検索順位を下げている原因ではないとは思います。ですが、Googleが「改善せよ」とアラートを出していることには間違いないので、対応していて損はないでしょう。他に手立ても見当たりませんし…。

いづれにせよ、しばらくは様子を見るしかないと思うので、とりあえずはあまり気にし過ぎずに、記事を書き続けることに注力したいと思います!

 - WEBサービス

スポンサーリンク

  関連記事

浅田真央さんのフリー演技が感動的過ぎて、NAVERまとめを初体験してみた

2月21日 の深夜、わたしはテレビを観ながら泣いていました。感動モノの映画を観ていたというわけではあ …

「整理しない」わたしのEvernote利用法

わたしのEvernote利用法は、なるべく「整理しない」こと。「スタック」は全く使わず、「ノートブッ …

SafariなどのiPhoneブラウザから簡単にPocketに記事を保存する方法

SafariなどのiPhoneブラウザから簡単にPocketに記事を保存するには、ブックマークレット …

ロリポップ!「取次店制度」の審査結果が届きましたが落選してしまいました

先日に申し込んでいたロリポップ!「取次店制度」への登録審査の結果が到着しました。結果は残念ながら落選 …

お名前.comでWhois情報公開代行を絶対に忘れてはいけないというお話

お名前.comでドメインを取得するとき、Whois情報公開代行を登録し忘れてしまうと、別途980円( …

ロリポップ!メールをGmailで送受信するための設定方法とその注意点

ロリポップ!メールをGmailで送受信するための設定方法と、その注意点についてご紹介します。Gmai …

クラウド会計ソフト「freee」(フリー)のアカウント登録から口座登録までを試してみた

クラウド会計ソフト「freee」(フリー)のアカウント登録から口座登録までの手順について、詳しく解説 …

ネットでスタバのギフトカードを贈ろう!「Starbucks eGift」がオシャレでいい感じ

スターバックスコーヒーのオンラインギフトサービス「Starbucks eGift」についてご紹介しま …

最大報酬1件12,000円?!ロリポップ!の「取次店制度」に申し込んでみた

レンタルサーバー「ロリポップ!」の、「取次店制度」に申し込んでみました。取次店制度とは、取次販売を行 …

Googleの天気予報検索ページ
iPhoneのお天気アプリより使える!Googleの天気予報検索がおすすめ

Googleの検索結果に表示される天気予報をご存知ですか?そのへんのお天気アプリより見やすく便利なの …