ネットでスタバのギフトカードを贈ろう!「Starbucks eGift」がオシャレでいい感じ

   

スターバックスコーヒーのオンラインギフトサービス「Starbucks eGift」についてご紹介します。ちょっとした記念日なんかに、サラッとスマートに一杯のコーヒーを贈ることができる、なんともオシャレなサービスですよ!

スポンサーリンク

先日、Facebookで友人の誕生日通知が来ました。普段なら、「誕生日おめでとう!お互いにええ歳になったな〜」とメッセージを送る程度なのですが、どうせならもうちょっとだけ喜んでもらえるようなことをしたいですよね。特に大切な友人には。

でもわざわざ高価なプレゼントをするのもお互いに気を遣うし、渡す時間だってない。もっと手軽でスマートに、ちょっとしたものを贈るサービスってないのかな〜といろいろ調べていたところ、「ちょうどいい」サービスがあったんです。

Starbucks eGiftってどんなサービス?

そのサービスとは、スターバックスコーヒーのオンラインギフトサービス「Starbucks eGift」というもの。

税込み500円までのスターバックスコーヒーの好きなドリンクと引き換えチケットを、SNSもしくはメールを介して贈ることができるというものです。さらに、メッセージカードを添えて贈ることができます。

egift-starbucks-02
んーいいですねぇ、この手軽でスマートなコンセプト。まさに探し求めていたサービスです。ということで早速、Starbucks eGiftを試してみました。

Starbucks eGiftの贈り方

egift-starbucks-03
まずはStarbucks eGiftのサイトにアクセスしましょう。一応、PCでもスマホでも利用することができるのですが、今回はスマホでアクセスしてみました。

すぐにギフトを贈りたい時は「ギフトを贈る」を、指定した日にギフトを贈りたい時は「贈る日を指定する」を選択します。なお、「贈る日を指定する」を選択した場合は、メールでしかギフトが贈れなくなってしまうので注意が必要です。

わたしはすぐにギフトを贈りたかったので、「ギフトを贈る」を選びました。

egift-starbucks-04
つぎに、メッセージカードのデザインを選びます。今回は誕生日のギフトなので「Birthday」のカテゴリからいい感じのイラストを選びました。

egift-starbucks-05
カードに添えるメッセージを140文字以内で入力します。しょーもないことしか書いていないので、ここはちょっとモザイクを(笑)。

そして、贈り方を選びます。LINEやFacebook、TwitterなどのSNSか、メールを選択することができます。ちなみにPCからの登録では、LINEが選べないようになっていましたので、LINEで贈りたい場合はスマホでアクセスするようにしましょう。

ということでわたしは今回、LINEを選択しました。

egift-starbucks-06
LINEで送る場合の注意書きが出てきます。決済後にLINEアプリに飛んで、自分でメッセージを送信するということですね。

egift-starbucks-07
次に進むと、メッセージカードのプレビュー画面が現れます。もしここでカードのデザインやメッセージの内容を変更したくなったら、「カードを作りなおす」をタップしましょう。

egift-starbucks-08
ギフト内容は500円のドリンクチケットで固定ですね。枚数だけ変更することができます。あと有効期限は、ギフトカードの発行月から4ヵ月先の月末になります。無期限ではないので、贈る相手に教えてあげてください。

egift-starbucks-09
送り主情報は、メールアドレスを直接入力するか、Facebook、Twitter、My Starbucksのアカウント情報を利用することができます。メールを直接入力してもよかったんですが、どうせならということでFacebookアカウントを使ってみることに。

egift-starbucks-10
するとFacebookのサイトに移って、パスワードの入力を促されます。

egift-starbucks-11
そして、公開プロフィールや友達リスト、メールアドレス、メッセージを受け取りますよ、といった確認が。「あぁ、素直にメールアドレスを直接入力しておけばよかった…」と、ちょっと後悔しながらも、渋々OKを押します。

egift-starbucks-12
Facebookに投稿する許可まで求めてきよった…。

egift-starbucks-13
さすがに勝手に投稿されるのは抵抗があったので、ささやかな反抗として共有範囲を「自分のみ」にしてやりましたよ。

egift-starbucks-14
さらにメッセージの送受信まで求めてきました。もう根負けです。どうぞお好きに送受信してくださいな。

egift-starbucks-15
ようやく許可の嵐が終わりました…。Facebookにログイン中の表示になり、メールアドレスも自動で表示されました。って、ソレダケデスカ。

egift-starbucks-16
決済方法はクレジットカードとキャリア決済がありますが、わたしはクレジットカードを選びました。カード番号、有効期限の情報を入力していきます。

egift-starbucks-17
「クレジットカード情報を登録」にチェックを入れておけばまた次回、自動でそのクレジットカードを使えるようになるというものですね。今後もまた利用することがありそうなので、わたしはチェックを入れておきました。

最後に全体を再確認して、間違いなければ「規約に同意し、決済する」をタップしましょう。

egift-starbucks-18
はい、これで注文手続きは完了です。ただ、ここで満足しちゃダメですよ。ギフトの送信が完了していませんので、「LINEで贈る」をタップしましょう。

egift-starbucks-19
するとLINEアプリが立ち上がり…

egift-starbucks-20
送信先を選択する画面になります。ここで送信する人を間違わずに選んでくださいね。間違ってしまうと、みんなが悲しい思いをします。

egift-starbucks-21
ノートに投稿かトークに送信かを選択します。これはお好きな方でどうぞ。わたしはトークに送信を選びました。

egift-starbucks-22
するとトークに、「Starbucks eGiftを贈ります。」というメッセージと、ギフトカードのURLが送信されました。これだけだと受け取った相手が戸惑うと思うので、ほかにもひと言添えてあげましょう。

今回贈った相手には、ちょっとしたサプライズになって喜んでもらえたようです。こういったリアクションをもらうと、贈ってよかったなーと思えますよね。

さいごに

コーヒーが飲めないという相手に対しては使えないですが、贈る側もそれほど負担なく、もらう側も気を遣わない、手頃で「ちょうどいい」プレゼントになるのではないでしょうか?

そしてなにより、このようなWEBサービスを使ってサラッとスマートにギフトをプレゼントするというのが、なんともオシャレじゃないですか。

日頃お世話になっている方や、遠方に住む友人のちょっとした記念日なんかに、このStarbucks eGiftを贈ってみてはいかがでしょうか?きっと喜ばれると思いますよ。

 - WEBサービス

スポンサーリンク

  関連記事

フラットデザインなロゴが3分で作れる!「Squarespace Logo」を試してみた

そろそろ当ブログ「32style」のデザインをオシャレにカスタマイズしてみたいのですが、わたしはWE …

お名前.comでWhois情報公開代行を絶対に忘れてはいけないというお話

お名前.comでドメインを取得するとき、Whois情報公開代行を登録し忘れてしまうと、別途980円( …

最大報酬1件12,000円?!ロリポップ!の「取次店制度」に申し込んでみた

レンタルサーバー「ロリポップ!」の、「取次店制度」に申し込んでみました。取次店制度とは、取次販売を行 …

Facebookページに日時指定で投稿を予約する方法

photo credit: mkhmarketing via photopin cc Faceboo …

「note」との出会いは、新しいおもちゃを与えられた子どものようなワクワク感!

「つくる、つながる、とどける。」のキャッチフレーズで新しく登場したSNSサービスの「note」が、ク …

フリーランスになって初めての確定申告にfreeeを使ってみた率直な感想

フリーランスになって初めてとなる2015年の確定申告に、クラウド会計ソフトの「freee」(フリー) …

個人的にもFacebookが衰退傾向な3つの理由

最近Facebookが衰退傾向にあるという記事を多く見かけますね。 Facebookはなぜ衰退したの …

好きな作風の似顔絵アイコンが作れるサービス「Draw Me!」(ドローミー)が素晴らしい!

写真を送るだけで好きな作風で簡単に似顔絵アイコンが作成できるサービス「Draw Me!」(ドローミー …

フラットデザインのアイコン素材が簡単に使える「FLAT ICON DESIGN」が便利過ぎる

おしゃれで可愛いフラットデザインのアイコン素材を配布しているサイト「FLAT ICON DESIGN …

「Streamus」で快適な作業用BGMを無料で手に入れよう!

みなさんはPCで作業してるときににBGMは流しますか?わたしはBGMというより環境音を流す方が集中で …