【レビュー】iPhone 6 Plusを1日使ってみて気に入った点と気に入らない点

      2014/12/01

iPhone 6 Plusを1日使ってみて実際に感じた、iPhone 6 Plus気に入った点と気に入らない点をまとめました。アプリ側の対応さえ進めば、これまでの利用スタイルを一変させるかもしれないポテンシャルを秘めていますよ!

スポンサーリンク

2014年9月19日のiPhone 6とiPhone 6 Plusの発売日。発売当日になっても、ソフトバンクオンラインショップから本申し込みの案内がまったく来ないというドタバタ劇の影響で、わたしの手元にiPhone 6 Plusが届いたのが、週明けの9月22日でした。空白の3日間を返してちょうだいさ。

ようやく手元に届いても、そこからアクティベーションや、iPhone 5のバックアップからの以降作業などの作業が必要です。なので、実際に使い始めたのは、昨日あたりからようやく、といった感じですね。

ということで、まだ1日程度しか使っていないのですが、これまでに感じたiPhone 6 Plusのいいところと悪いところをまとめてみましたよ。

iPhone 6 Plusの気に入った点

写真、動画撮影が気持いい

まずいちばん最初に触れたいのは、購入前にいちばん期待していたポイントの、写真と動画の撮影について。こちらについてはもう、期待どおりの満足感でした!

まず、画面が大きくなったことにより、撮影時の確認がメチャクチャやりやすくなりました。この恩恵はすばらしく、撮影をしていて久々に「楽しい!」って気持ちにさせてくれましたね。

iPhone 6 Plusの動画再生画面
※秋分の日はサイコーに天気が良かったので、娘たちの公園遊びを撮影しまくってました。チョー楽しかったです!

あと、幸いにしてiPhone 5もまだ手元にあるので、画像の表示を比較してみました。画面の大きさだけでなく、解像度やピクセル密度もパワーアップしたiPhone 6 Plusのディスプレイは、かなりキレイで迫力も段違いです。

iPhone 6 PlusとiPhone 5との画像表示比較

ただ、残念な情報もありました。iPhone 6 Plusだけに搭載されている機能で、個人的にも期待していた「光学式手ぶれ補正」機能ですが、どうやら静止画の撮影時だけに効果がある機能で、動画撮影時には効果が無いんだとか…。

iPhone 6 Plusの「光学式手ぶれ補正」機能は動画撮影には対応していないことが検証の結果判明。 – たのしいiPhone! AppBank
iPhone 6 Plusの「光学式手ぶれ補正」機能は動画撮影には対応していないことが検証の結果判明。 …

これはわたしの勝手な所感なのですが、動画でも手ぶれ補正が効いているような気がするんですよねぇ…。まぁ、この件についてはまた、機会があれば検証をしたいと思います。

Safariでのブラウジングが快適

こちらも期待していたポイントの、ブラウジングについて。いやー快適ですね。表示領域の広さが違いすぎます。

iPhone 6 PlusとiPhone 5とのブラウザ表示比較
ブラウジングについてもiPhone 5と並べて比較してみました。比較の題材がわたしのブログ記事でちょっとアレですが、iPhone 5だとタイトルと冒頭のテキスト、そして最初の画像がチラッと顔を出す程度の表示領域です。

それに引き換え、iPhone 6 Plusだとタイトルと冒頭のテキストはもちろん、最初の画像と、その下のテキストまで余裕で表示されています。あと、幅も広くなって、一行で表示される文字数も多くなっていますね。iPhone 5だと5行になっている文章が、iPhone 6 Plusだと4行になってたり。

といった感じで、この表示領域の広さは、素晴らしく快適です。この開放感にも似た感覚は、一度味わうともう、以前のそれには戻れません。

ただ、このブラウジングについて、いまのところSafariは素晴らしく快適なのですが、ChromeはiPhone 6 Plusの解像度にまだ対応していないみたいで、単に表示を引き伸ばしただけの表示になります。こちらはもう少し様子見ですね。

Kindleも完全に実用レベル

iPhone 5のKindleは、表示領域が狭すぎるので、個人的にはこれまであまり積極的には使ってきませんでした。ですが、iPhone 6 Plusでは閲覧性が素晴らしく向上しています。

iPhone 6 PlusとiPhone 5とのKindle表示比較
iPhone 5との比較でもわかるとおり、1画面で表示される情報量が段違いですね。これはもうKindleで電子書籍を買いまくりたくなるレベルです。

これからブログ記事の下書きはEvernoteにしようかな

プログ記事の下書きなんかで、わたしがメインで使用しているテキストエディタ「Simple Note」は、残念ながらまだ、iPhone 6 Plusの解像度に対応していません。

そのかわりといっては怒られてしまいますが、EvernoteがiPhone 6 Plusの解像度に対応していて、とってもいい感じです。

iPhone 6 PlusとiPhone 5とのEvernote表示比較
こちらもiPhone 5と比較すると、1画面で表示される情報量がぜんぜん違うことがハッキリわかりますね。ほとんどもう、タブレットに近い感覚で使用できちゃいそうです。これからiPhone 6 Plusでブログ記事の下書きを書くときは、Evernoteにしちゃおうかな。

ゲーム画面がメチャ見やすい

ゲームのアプリも正直、iPhone 6 Plusの解像度に対応しているものは少ないです。なので、引き伸ばしただけの表示になるのですが、ゲームアプリにかぎっていえば、それはそれで結構、見やすかったりします。

iPhone 6 PlusとiPhone 5とのClash of Clans表示比較
わたしが割とハマっちゃってる「Clash of Clans」の画面を、iPhone 5とiPhone 6 Plusとで比較してみました。表示が引き伸ばされているおかげで、ひとつひとつの設備やユニットが確認しやすく、タップもしやすいので、操作性はアップしていますね。

iPhone 6 Plusの気に入らない点

片手持ちはできなくはないが落としそう

予想通りといえば予想通り。iPhone 6 Plusは、大画面で閲覧性が向上していることと引き換えに、携帯性を犠牲にしています。さらに今回は、角に丸みを帯びたデザインになっているので、「落としてしまいそう感」が、ハンパなくアップしちゃってます(笑)

iPhone 6 Plusを片手で持った感じ
※iPhone 6 Plusを片手で持った感じです。このままでは近い将来、スルッと落としてしまう自信があります。

わたしはこれまで、「裸族」を決め込んでいました。ですが今回ばかりは、ケースがないとシャレにならんことになりそうな予感がプンプンしたので、純正のレザーケースを購入してしまいましたよ。

iPhone 5を片手で持った感じ
※こちらはiPhone 5を片手持ちした感じ。余裕のホールド感ですね。ですが、このホールド感はもう戻って来てはくれません。

座ったままポケットから出し入れするのが苦しい

前回の記事、「iPhone 6 Plusの大きさって結局どのくらい?サイズ感を確認するのに最適なアレとは?! 」でシミュレーションしたとおり、iPhone 6 Plusはパンツのポケットに入ります!ただ、座った状態で、パンツのポケットから取り出すのと、ポケットに入れるという動作が、結構苦しいです。

クルマや電車に乗っているときなど、座りながらiPhone 6 Plusをポケットから出し入れ…というシーンは多いので、ちょっと悩みどころですね。

iPhone 6 Plusの解像度に対応していないアプリが大半

この記事を書いている2014年9月24日現在、iPhone 6 Plusの解像度に対応していないアプリが、大半を占めています。とくにGoogle系のアプリが、こぞって対応していないのがつらいところですね。

Gmailをはじめ、Google MapsやChrome、Ingressなどなど。Ingressにいたっては、画面の表示崩れが激しく、タップの判定もズレまくっていてまともに操作すらできない状況です。Google系のアプリは、個人的にも頻繁に使うものが多いので、早く対応してくれないかなぁと、切に願うばかりです。

さいごに

アプリ側の対応待ちという状況ゆえに現時点では、「5.5インチの大画面」という、iPhone 6 Plusのポテンシャルを、まだまだ最大限発揮できていない印象ですね。

ですが、思い出してみてください。昔、iPhoneからiPhone4に変わった時、そう、Retinaディスプレイに変わった時も、アプリ側の対応にしばらく時間が掛かったじゃありませんか。なので今回もしばらくすれば、きっとほとんどのアプリがiPhone 6 Plusの解像度に対応してくるはずです。

そして逆に言うと、アプリ側の対応さえ進めば、iPhone 6 PlusはこれまでのiPhoneの利用スタイルを一変させるかもしれないポテンシャルを秘めていると感じました!いいですねーこのワクワク感。わたしはこのiPhone 6 Plus、本当に買って良かったと思っています。

とくに、良い点で挙げた写真や動画撮影、ブラウジングやKindle、Evernoteの利用を重視している方には、iPhone 6 Plusはマジでいいですよ!オススメです。

iPhone 6 Plus関連のそのほかの記事もどうぞ

わたしがiPhone 6 Plusの64GBスペースグレイを予約した理由をまとめてみました。
わたしがiPhone 6 Plusの64GBスペースグレイを予約した7つの理由

あと、これまでに書いた、iPhone 6 Plus関連の記事はこちら。
【レビュー】iPhone 6 Plus用の強化ガラス液晶保護フィルム「ULTRA FINE GLASS」を買ってみた
iPhone 6 Plus純正レザーケースの皮脂汚れを目立たなくさせる方法
【レビュー】iPhone 6 Plusのサイズでも使える三脚固定ホルダーを買ってみた
iPhone 6 Plusの大きさって結局どのくらい?サイズ感を確認するのに最適なアレとは?!

なお、ソフトバンク以外の携帯から、ソフトバンクの「iPhone 6」か「iPhone 6 Plus」に番号そのままで乗り換え(MNP)を検討している方には、独自に30,000円のキャッシュバックがもらえる「おとくケータイ.net」を利用するのが、かなりおトクです。

そしておとくケータイ.netのキャッシュバックは、ソフトバンクで実施されている公式キャンペーンと併用ができるので、キャッシュバックの二重取りで、信じられないようなキャッシュバック金額になりますよ!


あともちろん、ソフトバンクオンラインショップもしくは、ドコモオンラインショップでも購入受付中です。

 

 - iPhone, 人気記事

スポンサーリンク

  関連記事

ソフトバンクのタダで機種変更キャンペーンでiPhone 5を下取り返送する手順

ソフトバンクでiPhone 6もしくは、iPhone 6 Plusに機種変更する際、それまで使用して …

スピード証明写真機でワンランク上の綺麗な写真を撮る4つのコツ

お手軽に利用できるスピード証明写真機を使って、写真スタジオ並みの美しい証明写真を撮る、4つのコツにつ …

iPhoneの標準メールアプリでGmailをフリックのみで削除する方法

iPhoneの標準メールアプリで、Gmailアカウントのメールをフリックのみで削除する方法について解 …

iPhoneのバッテリーを自分で修理・交換すれば最大6割もおトクに!

iPhoneのパーツをキット販売している修理パーツ専門店「自分で修理.com」を利用する際のメリット …

iPhoneで大切なシーンを動画撮影する前にやっておくべきたった一つのこと

photo credit: mandaloo via photopin cc 大切なシーンをiPho …

iPhone 5 バッテリー交換プログラムの受付は2015年3月1日まで。まだの人は急いで!

一部のiPhone5で見つかったバッテリー初期不良を救済する「iPhone 5 バッテリー交換プログ …

【レビュー】iPhone 6 Plusのサイズでも使える三脚固定ホルダーを買ってみた

iPhone 6 Plusのような、サイズの大きいスマートフォンでも利用可能な、三脚固定ホルダーを買 …

iPhoneカメラ自撮りをリモコンで!ワイヤレスリモートシャッターがイイ感じ

iPhoneのカメラで「自撮り」をする時に便利に使えるリモコン「ワイヤレスリモートシャッター」をご紹 …

iPhone 6/6 Plusには必要なし!ソフトバンクの一定額ストップサービスを解除する方法

iPhone 6 Plusに機種変更してからずっと困っていた、ソフトバンクの「一定額ストップサービス …

Twitterのフォロー管理は「ツイ助」と「アトミ式フォロワー管理機」がとっても便利

photo credit: Philip Oyarzo via photopin cc 公式サイトや …