わたしがiPhone 6 Plusの64GBスペースグレイを予約した7つの理由

      2014/12/01

わたしがiPhone 6ではなく、iPhone 6 Plusの64GBスペースグレイを予約した7つの理由について語ります。iPhone 6 Plusには、5.5インチの大画面iPhoneという、得体の知れないプロダクトとしての新しさと魅力を感じてしまうんですよね!

スポンサーリンク

2014年9月12日、ソフトバンクにau、そしてdocomoの携帯3キャリアと、Apple Storeで一斉に予約がスタートしたiPhone 6 。もう予約したよという人も、まだどうしようか迷っていて予約していないという人もいるかと思います。

そんななか、もう予約したよという方で、自分が選択したiPhone 6 (Plus)のスペックと、その理由を語っている記事をよく目にします。

僕がiPhone 6ではなくiPhone 6 Plusの128GBを選んだ理由 | delaymania

iPhone6の無印とPlusを比較!結果わたしが無印を買おうとする理由 | あなたのスイッチを押すブログ

僕が買うのはこの機種?! iPhone 6とiPhone 6 Plusが発表されて思うことなど | No Second Life

予約完了! 全く参考にならない「 俺が iPhone を予約した理由」 – 俺のメモ

自分と境遇が似ていて参考になるもの、またはその逆であまり参考にならないもの、いろんな記事がありますが、iPhone 6 Plusをチョイスしている方がわりと多い印象ですね。

そして、共通して言えることは、「いろんな考え方があるんだなー」と、純粋に読んでて楽しい記事だったということ。ということで、ちょっと乗り遅れた感は否めませんが、わたしもこの流れに乗って、iPhone 6 Plusの64GBスペースグレイを選んだ理由を語ってみることにします!

わたしがiPhone 6 Plusの64GBスペースグレイを選んだ7つの理由

理由1:「光学式手ぶれ補正」機能がある

わたしがiPhone 6ではなく、iPhone 6 Plusを選んだ一番の理由はコレです。iPhoneはネットやSNSでの利用がメインになると思われる一方で、子どもたちの姿を動画に収めるという使い方も、個人的にはかなりの比重を占めます。

元気に走り回る子どもたちを動画に収めようとすると、やはり手ぶれ補正の機能は必須でしょ!というほどに欲しい機能なんですよね。とはいえ、iPhone 6 Plusの「光学式手ぶれ補正機能」がどれほどの威力を発揮してくれる機能なのかは、実際に利用してみないとわからないところですけど…。

【9/24追記】
この「光学式手ぶれ補正機能」ですが、Appleの発表では、静止画を撮影するときにのみ効果があり、動画撮影時には効果が無いということのようです!わたしもてっきり勘違いしてしまっていました。とても残念な発表ですね…。

iPhone 6 Plusの「光学式手ぶれ補正」機能は動画撮影には対応していないことが検証の結果判明。 – たのしいiPhone! AppBank
iPhone 6 Plusの「光学式手ぶれ補正」機能は動画撮影には対応していないことが検証の結果判明。 …

理由2:やっぱ大画面は快適(なはず)

大画面の閲覧性を取るか、コンパクトな携帯性を取るか。iPhone 6は、いままでのiPhoneにはない、新たな選択を迫られることになりました。この誰しもが迷ったであろう選択について、わたしは前者の「閲覧性」を取りました。

スマホ用に最適化されているサイトやブログなどを閲覧するときはまだいいのですが、そうではないサイトや、あとはKindleをはじめとした電子書籍を閲覧する時に、iPhone5の4インチディスプレイは、ときにストレスを生むものでした。

iPhone 6 Plusの5.5インチディスプレイは、そんなストレスを一気に開放してくれるような破壊力を持っているんじゃないかなー?と、勝手に期待しています。

あと、横画面にした時の「ランドスケープモード」も、iPhone 6 Plusだけの機能ですよね。iPadっぽいユーザーインターフェースになるこの機能のおかげで、iPhone5ではやる気すら起こらなかった、「スマホでブログ記事を書く」なんてことができるかもしれない!という期待もあります。

理由3:なんだかんだ言ってもパンツのポケットに入りそう

こちらのiPhone 6 Plusのサイズ感を確認する方法の記事でご紹介した方法でシミュレーションしてみたところ、ゆったり目でポケットの大きいパンツであれば、なんとかiPhone 6 Plusをポケットに収めることができそうでした。

基本的にiPhoneケースを使わない「裸族」で、なおかつパンツのポケットに忍ばせるスタイルが定着してしまっているわたしにとっては、この事実もiPhone 6 Plusを選択させる一つの要素になりましたね。

理由4:得体の知れないプロダクトに対する好奇心

iPhone 6は、これまでのiPhoneの系譜の本流をたどる新製品です。ですがその分、目新しさがない。その一方で、iPhone 6 Plusは、これまでのiPhoneの本流から少し外れた、今までにはない「得体の知れない新製品」です。

このiPhone 6 Plusの「得体の知れなさ」に、プロダクトとしての新しさ、そして魅力を感じてしまうんですよね。

理由5:バッテリーの持ちがいい

今利用しているiPhone5のバッテリーが、1日も持たない状態なんですよね。なので、iPhone 6 よりもバッテリーの持ちがよい、iPhone 6 Plusのほうが魅力的でした。

ですがよく確認してみると、連続通話時間や待受時間では、両者でかなりの違いがあるものの、インターネット利用では、1〜2時間程度しか差がないんですね。(iPhone 6は最大10〜11時間、iPhone 6 Plusは最大14時間)

これはちょっと微妙かな…。

理由6:過去の利用状況からも、容量は64GBで十分

今利用しているiPhone5は64GBのモデルなんですが、約2年間普通に利用して、まだ約12GBほどの余裕があります。なので、わたしにとって128GBは、少々オーバースペックのような気がしたので、今回も同じ64GBにしました。

まぁ、容量は多ければ多いほどいいんですけどね。使わなければやっぱり意味が無い。

理由7:スペースグレイの背面色より、画面側の黒枠が重要

個人的には、背面色がどうこうというより、画面側の枠の色のほうが重要でした。画面枠の色は黒(スペースグレイ)か白(シルバーorゴールド)になるのですが、わたしは断然「黒」が好みです。

これは、写真や動画を観る時なんかに、より顕著に感じることなのですが、画面枠が黒のほうが、写真や動画がより締まった感じに見える気がするんですよね。画面枠が白だと、どうにもぼやけた印象に感じてしまう。

という理由で、画面枠が黒=スペースグレイの一択となったわけです。

iPhone 6 Plusに対する懸念

と、ここまでiPhone 6 Plusに対するいい事ばかり書きましたが、懸念している点も当然あります。矛盾しているようなんですが、「やっぱりiPhone 6 Plusは大き過ぎるんじゃね?」ってところが、一番心配しているところでもあるんですよね。

とくに、ガーナミルクチョコレートクラスに大きな物体を、顔の横にくっつけて電話をするのは、町中ではちょっぴり恥ずかしそうですよね(笑)。

さいごに

さぁ、あなたはどのiPhone 6にしましたか?まだどのiPhone 6にするか迷っていて決められないという方にとって、わたしの考え方が参考になるかどうかはわかりませんが、ぜひともご自身の利用シーンを想像しながら、自分のiPhoneライフに合ったものを選んでくださいね!

iPhone 6 Plus関連のそのほかの記事もどうぞ

わたしがiPhone 6 Plusを1日使ってみた感想をまとめてみました。
【レビュー】iPhone 6 Plusを1日使ってみて気に入った点と気に入らない点

あと、これまでに書いた、iPhone 6 Plus関連の記事はこちら。
【レビュー】iPhone 6 Plus用の強化ガラス液晶保護フィルム「ULTRA FINE GLASS」を買ってみた
iPhone 6 Plus純正レザーケースの皮脂汚れを目立たなくさせる方法
【レビュー】iPhone 6 Plusのサイズでも使える三脚固定ホルダーを買ってみた
iPhone 6 Plusの大きさって結局どのくらい?サイズ感を確認するのに最適なアレとは?!

なお、ソフトバンク以外の携帯から、ソフトバンクの「iPhone 6」か「iPhone 6 Plus」に番号そのままで乗り換え(MNP)を検討している方には、独自に30,000円のキャッシュバックがもらえる「おとくケータイ.net」を利用するのが、かなりおトクです。

そしておとくケータイ.netのキャッシュバックは、ソフトバンクで実施されている公式キャンペーンと併用ができるので、キャッシュバックの二重取りで、信じられないようなキャッシュバック金額になりますよ!


あともちろん、ソフトバンクオンラインショップもしくは、ドコモオンラインショップでも購入受付中です。

 

 - iPhone, 人気記事

スポンサーリンク

  関連記事

iPhoneのロック中にSiriを起動しないよう無効にする方法

iPhoneのロック中にSiriを起動しないようにする方法をご紹介します。そうしておかないと、Sir …

ソフトバンクへ下取り返送したiPhone 5の割引査定結果が確定しましたよ

ソフトバンクの「タダで機種変更キャンペーン」を適用するために、下取り返送したiPhone 5の割引査 …

Twitterのフォロワー管理は「フォローチェック for Twitter」さえあれば十分かも

photo credit: messycupcakes via photopin cc Twitte …

スピード証明写真機でワンランク上の綺麗な写真を撮る4つのコツ

お手軽に利用できるスピード証明写真機を使って、写真スタジオ並みの美しい証明写真を撮る、4つのコツにつ …

iPhone5が急に充電できなくなったときに試した方がいいこと

photo credit: William Hook via photopin cc iPhone5 …

【レビュー】iPhone 6 Plusのサイズでも使える三脚固定ホルダーを買ってみた

iPhone 6 Plusのような、サイズの大きいスマートフォンでも利用可能な、三脚固定ホルダーを買 …

iPhone 5 バッテリー交換プログラムの受付は2015年3月1日まで。まだの人は急いで!

一部のiPhone5で見つかったバッテリー初期不良を救済する「iPhone 5 バッテリー交換プログ …

わたしもiPhone 5のホーム画面を公開してみようと思う(2014/4)

わたしのiPhone 5のホーム画面を公開します。iPhone 5のホーム画面を定期的に残しておけば …

ソフトバンクのタダで機種変更キャンペーンでiPhone 5を下取り返送する手順

ソフトバンクでiPhone 6もしくは、iPhone 6 Plusに機種変更する際、それまで使用して …

iPhoneのバッテリーを自分で修理・交換すれば最大6割もおトクに!

iPhoneのパーツをキット販売している修理パーツ専門店「自分で修理.com」を利用する際のメリット …