奥行80cmで広々と開放的!ロウヤのシンプル木製ワイドデスクを買ってみた

      2014/08/06

ロウヤのシンプル木製ワイドデスク(奥行80cm、幅160cm)は、広々とした作業スペースが魅力です。開放的な気分で作業ができる体験を、お手軽な価格で手に入れることができて、かなりお得な買い物になりましたよ!

ロウヤのシンプル木製ワイドデスクとMac製品たち

当ブログの執筆など、日頃は自宅で作業することが多いのですが、これまで狭くて古いデスクで、チマチマと作業をしていました。もう、どこで手に入れたか忘れてしまったくらい。

ですが、だんだんと作業スペースの狭さに我慢ができなくなってきたんです!ということで、おもいきって新しい作業用のデスクを買ってみましたよ!

スポンサーリンク

わたしが購入したデスクと購入の条件

今回、わたしが購入したデスクはこちら。


シンプル木製ワイドデスク (幅160cm奥行80cm)

もう何より、「広々としたスペースで作業がしたい!」といった欲求の収まりがつかなかったので、今回、デスクを購入するにあたって一番重視した点は、「デスクの奥行」ですね。奥行80cmは絶対に外せないポイントとしました。

あとは、デスクを置く部屋の広さとのバランスを見はからいながら、幅は150cm前後で。そしてなにより、できるだけお手頃な価格のデスクを探していたんですよね。デスクよりチェアーにお金をかけたいといった、個人的な事情がありましたもので…。

ということで、

  • 奥行は80cm以上を死守!
  • 幅は150cm前後がいい
  • できるだけお手頃な価格で

という条件で、ネットで色々と探していたところ、辿り着いたのがこのロウヤのシンプル木製ワイドデスク (幅160cm奥行80cm)というわけです。

ロウヤシンプル木製ワイドデスクを組み立てる前の状態

ロウヤのシンプル木製ワイドデスク開封前1

ロウヤのシンプル木製ワイドデスク開封前2

組み立て前とはいえ、やはりデカいですね。配達のおじさんがツラそうに運んできてくれました。しかしこれだけ大きいと、一度組み立てちゃうともう別の部屋には移動できないな……ま、いっか。

ロウヤシンプル木製ワイドデスクを組み立てる際の注意点

ロウヤのシンプル木製ワイドデスクの組立説明書

今回のデスクは、奥行80cm、幅160cmの大型ワイドデスクということもあり、全般的に組立作業は大変でした。

とくに上記の、背板と側板とを組み合わせる作業が厄介です。この説明書のイラストではわかりにくいかもしれませんが、側板の高さより背板の高さが短いので、背板はいわば宙に浮いて側板だけで固定するような状態になります。

背板を宙に浮かせながら、側板とネジで固定するなんて、とてもじゃないけど1人では手が回りません。なので、できれば2人で組み立て作業をすることをオススメします。

ロウヤシンプル木製ワイドデスクの完成形

ロウヤのシンプル木製ワイドデスクの完成形

ということで、奥さんと2人であーでもない、こーでもないと言いながら、無事に組み立てることができました。作業時間は、1時間かからなかった程度でしょうか。もしこれを1人で作業してたらどうなってたかと思うと、ちょっとゾッとします。

ロウヤのシンプル木製ワイドデスクの背面コード穴

天板の奥側には、さりげなく配線コード用のくぼみがありますので、ここからスマートにコードを通すことができますよ。

ロウヤのシンプル木製ワイドデスクとMac製品たち

ロウヤのシンプル木製ワイドデスクとMac製品たちアップ

とりあえず自宅にあるMac製品を、これでもかと配置してみました。かなりスペースに余裕がありますねー!もうちょっと配置を寄せれば、さらに書類ケースや複合機を机の上に置くこともできそう。

ロウヤシンプル木製ワイドデスクのいいところ

奥行80cmの恩恵は想像以上!

やっぱり奥行80cmは、かなり広々とした作業スペースを確保することができますね!PCのモニター(わたしの場合はiMac 27inch)を置いて、キーボードとリストレストを置いても、ぜんぜん余裕の奥行です。さらに資料やノートPCなんかも、らくらく広げられるほどのスペースがあります。

この余裕な奥行から得られる精神的な開放感は、想像以上の喜びですね!

意外としっかりとしたつくり

お手頃な価格の割には、意外としっかりとしたつくりです。上からや前後左右に、無理矢理に負荷をかけてみても、たわんだりすることはまったくありません。

ロウヤシンプル木製ワイドデスクの残念なところ

角の色がうすくなっている

ロウヤのシンプル木製ワイドデスクの角アップ

わたしは今回、一番色の濃い「ブラウン」を選んだのですが、角の部分の色が薄くなってるのが気になります。これは化粧板の繋ぎ目でどうしようもないのかもしれないですが、わたしにように気になっちゃう方は、「ライトナチュラル」などの、全体的に色の薄いものを選んだほうがいいかもしれませんね。

角に丸みがないので、腕を置くとちょっと痛い。

これは意外な盲点だったのですが、板の面取り加工がされていません。とくに天板の手前側の角は、手首から少し上の部分がよく当たるところになるので、作業をしているとだんだん腕が痛くなってきます。

天板の手前側だけでも、もうちょっと丸みをもたせたデザインにすべきですねぇ。とりあえずわたしは、リストレストをできるだけ手前に配置して、腕と机の角が直接当たらないようにしています。

参考:リストレスト「FITTIO」(フィッティオ)のムニムニ感がヤバい

さいごに

このロウヤシンプル木製ワイドデスク (幅160cm奥行80cm)は、ほんとうに「シンプル・イズ・ベスト」といった感じ。引き出しなどの収納もなく、高級感があるデザインというわけでもありません。

ですが、しっかりとしたつくりで、背面にコード穴があったりと、最低限の機能は兼ね備えています。シンプルだからこそ飽きのこないデザインとも言えますね。

そしてなにより、作業スペースが格段に広くなり、開放的な気分で作業ができる体験をこの価格で手に入れることができて、かなりお得な買い物だったなーと、今は満足しています。

とはいえ、まだ使い始めたばかりなので、しばらく使用してみた感想は、また改めて記事にしたいと思います!

ロウヤのシンプル木製ワイドデスク正面


シンプル木製ワイドデスク (幅160cm奥行80cm)

 - 生活雑貨/モノ

スポンサーリンク

  関連記事

kinetic-sand-review-01
キネティックサンドの手触りが気持ちよすぎる!室内で砂遊びができてプレゼントにも最適

室内で砂遊びができる「キネティックサンド」についてご紹介します。固まるのにしっとりフワフワな独特の手 …

crocs-norlin-01
クロックスの新作スリッポン「ノーリン」(norlin)の履き心地が楽そうで超欲しい!

クロックスの新作「ノーリン」(norlin)のスリッポンタイプが、2015年3月5日(木)から発売さ …

crocband-Japan-clog-1
足元をかざるワールドカップ応援グッズはクロックス(crocs)のワールドフラッグシリーズで決まり!

クロックス(crocs)のワールドフラッグシリーズは、2014FIFAワールドカップの主要な出場国の …

crocband-hamburger-clog-01
ハンバーガーをモチーフにしたクロックス(crocs)が可愛すぎて一目惚れした!

クロックス・ジャパン社から発売された、ハンバーガーをモチーフにした「クロックバンド ハンバーガークロ …

amazonbasic-cup-catch
Amazonベーシックのマグカップと湯呑は低価格なのにお洒落すぎ!

「Amazonベーシック」は、高品質かつ低価格な良品揃いです。今回はそのなかでも大人気のAmazon …

crocs-2015-lucky-bag-01
2015年クロックス福袋の先行販売開始は12月12日(金)の午前10時から!

クロックスの2015年福袋が、12月12日(金)の午前10時から「クロックス公式オンラインショップ」 …

crocs-norlin-review-01
クロックスのスリッポン「ノーリン」(norlin)が軽快すぎる履き心地でちょっとヤバい!

先日購入したクロックスの新作スリッポン「ノーリン」(norlin)が手元に届いたので、見た目や使用感 …

「クロックバンド ハンバーガー クロッグ」と芝生
ハンバーガーをモチーフにしたクロックス(crocs)が届いたので開封レビューしてみる!

クロックス・ジャパン社から発売された、ハンバーガーをモチーフにした「クロックバンド ハンバーガークロ …

word-basket-01
セカオワもハマった!ワードバスケットは子どもより大人が白熱するカードゲーム

しりとりとカードゲームを融合した、新感覚ワードゲームの「ワードバスケット」についてご紹介します。しり …

gx-70hd2-review-01
Macに似合う高音質スピーカーはONKYO「GX-70HD2」しか考えられない

ONKYOのPC用スピーカー「GX-70HD2」についてのレビュー記事です。鮮明で立体感のある音質も …