「おやおや、おやさい」は言葉で遊べるバカらしくも楽しい絵本

      2015/03/03

またまた、四歳の娘がハマっちゃってる絵本のご紹介です。「おやおや、おやさい」は、おやさいの仲間たちがマラソン大会をする話なのですが…

スポンサーリンク

そらまめ そろって マラソンさ
にんきものの にんにく きんにく むきむき
りっぱな パセリは つっぱしる

のような、バカらしいほどに意味を感じない文章のみで構成されています。(笑)ただそのバカらしさのなかに、おやさいの仲間たちが織り成す言葉のリズム感と韻を踏んだようなひとつひとつの文章がとても楽しく、娘はほぼ内容を暗記しちゃう程にハマっちゃってるんですよね。

脱力系で思わず笑っちゃいそうになるイラストも大好きです。このイラストだったら野菜嫌いの子も野菜好きになっちうかも?!

シリーズの三冊セットもあります!でも一冊だけも十分オススメ。

あと、他にもシリーズで、

という、それぞれくだものとおかしの仲間たちが題材になっているタイトルがあります。私はこれらの三冊がセットになっているものを購入しましたが、個人的には(娘的にも)「おやおや、おやさい」が一番好きなので、この一冊だけでも十分に楽しめるハズ。

いつもの読み聞かせとは少し違った言葉あそびを、お子さんと楽しんでみては如何でしょうか?

 - 絵本紹介

スポンサーリンク

  関連記事

出会いと別れ、そしてまた新しい出会い

まちのいぬといなかのかえる (大型絵本) posted with ヨメレバ モー・ウィレムズ 岩波書 …