写真が先か、テキストが先か、それが問題だ。

   

ブログ記事の2大要素であろう「写真とテキスト」。その位置関係が与える効果について、わたしなりに深く掘り下げてみました。写真が先か、テキストが先か。それぞれの効果をしっかりと把握したうえで、使い分けることが肝心でしょう。


photo credit: pierofix via photopin cc

写真を多く使うブログ記事を書くとき、いつも考えてしまうことがあります。「写真に対する説明のテキストは、写真の配置より前に書くべきか、あとに書くべきか、どっちがいいんだろう?」と。

「どっちでもいいじゃん!」なんて言わないでください。細かいことですが、すごく気になっています。こういうのって、気になりだすと止まらないんです…。

ということで今回は、ブログ記事の写真とテキストの位置関係について、わたしなりに深く掘り下げてみることにします。

スポンサーリンク

写真のあとにテキストを配置することによる効果

まずは、個人的にもしっくりきていて、当ブログでも多用している、「写真のあとにテキストを配置する」構成についてから。

写真の情報を補足する効果

写真を見ただけでは、読み手に伝わりにくいであろう情報を補足する。そんなときには、写真のあとにテキストが配置されていたほうが、情報がスムーズに頭の中に入ってきます。

バスガイドさんやツアーガイドさんが、ツアー客に名所の説明をするときは、まずは対象となる名所を見せておいてから、その歴史や背景について説明してくれますよね。

あと、ポラロイドフィルムには、写真の下にある余白が広く、そこにコメントなどのテキストを書いたりします。コメントを書くために用意されている余白ではないと思いますが、写真の下にコメントがあることで、不思議としっくりくる。

それとおなじように、ブログ記事においても、まずは写真があって、そのあとにテキストを配置したほうが、内容に納得感や安定感のようなものが生まれます。

【写真のあとにテキストを配置する例】

medium_7830315484
photo credit: A Guy Taking Pictures via photopin cc
これがわたしが死ぬ前に一度は入ってみたい場所、「モン・サン・ミッシェル」です。フランス西海岸、サン・マロ湾上に浮かぶ、同名の修道院がある小島で、1979年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。

アイキャッチ効果

記事全体や、段落の内容を象徴する写真を、テキストの先頭に配置する。そうすることにより、内容を一目で、より具体的に想像させる効果が得られます。俗にいう「アイキャッチ画像」というやつですね。

アイキャッチ画像が印象的で、記事の内容ともマッチしていると、それだけで記事全体の印象がガラリと変わりますし、記事の質を何倍にも高めることができるでしょう。なのでわたしはなるべく、記事にアイキャッチ画像を配置するように心がけています。

写真より先にテキストを配置することによる効果

つぎに、「写真より先にテキストを配置する」構成について。

写真をより深く印象づける効果

写真より先に、写真への期待感を高めるようなテキストを配置する。そうすれば、あとに配置される写真を、より深く読み手に印象づけることができるでしょう。

例えるなら、舞台のメインキャストと前説のような関係でしょうか。メインキャストの登場前に、前説が言葉巧みに観客のテンションを上げ、期待が最高潮に達したときに、メインキャストを颯爽と登場させる。

そんな関係性を、ブログ記事のテキストと写真に持たせることができたら、ただ単にペタペタと写真を載せる以上の効果が期待できますよね。

でもたまに、テキストと写真とのスペースをムダに広く取って、下にスクロールさせないと画像が表示されないような書き方をしているブログがあります。あのやり方は好きではないですね、読みにくくてしょうがない。

【写真より先にテキストを配置する例】

フランス西海岸、サン・マロ湾上に浮かぶ、同名の修道院がある小島。そして、1979年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されている、わたしが死ぬ前に一度は入ってみたい場所。それこそは……ここ、「モン・サン・ミッシェル」です。

medium_7830315484
photo credit: A Guy Taking Pictures via photopin cc

リズム感をつける効果

写真より先にテキストを配置する構成のほうが、それらの要素を含む記事全体に、リズム感のようなものがでるんじゃないかなぁ、と感じることがあります。

写真を見る前にテキストを読むか、あとで読むかだけの違いなんですけど、テキストをあとで読んでしまうと、記事を読み進める動きが毎回、ストップしてしまうような感覚を感じるのかもしれないですね。

ちょっとこの点については、うまく説明できないんですけど、じつはこの「リズム感」を強烈に感じるブログがあるんです。

Blog @narumi

ご存知、まとめ職人でも有名な@narumiさんのブログです。このブログはほんとうに面白い。おそらくほとんどの記事が、写真より先にテキストを配置する構成になっています。それが、読み手を飽きさせないリズム感を生み出してるように感じるんですよね。

あと、そのリズム感のなかに、たまに入ってくる変化球的な要素が、全体のリズム感にアクセントを加えていて、またイイんです。面白くてウマい。そんなブログですね。

さいごに

写真とテキストの位置関係について。んーやっぱり、明確な結論は出せませんでした。

ただ、漠然とながら感じることは、「写真のあとにテキストを配置する」構成は安定感があり、そして「写真より先にテキストを配置する」構成はリズム感がある、といったところでしょうか。

あとさっき、わたしのお気に入りブログの記事を幾つかランダムに確認してみると、わたしとはちがう、写真より先にテキストを配置する構成のブログが大半だったんですよね。皆さん、何か意図があってそうしているのかなぁ…。

どちらの構成にせよ、違ったいいところがありますので、記事の内容によって使い分けることができれば最高ですね。ただ、いい所どりを狙って、ごちゃまぜの構成にし過ぎてしまうと、まとまりが無くなって、どの画像に対してのテキストなのか混乱してしまうでしょう。

とりあえず、今の段階で思い当たることを書いてみましたが、もうちょっと研究が必要かな。このへんの写真とテキストの構成に明るい方、迷えるわたしにアドバイスをください(笑)

 - ブログ論/運営

スポンサーリンク

  関連記事

寝込んじゃったとしてもブロガーとしてやれる7つの行動

体調不良などの理由でもしブログが書けなくなったら、あなたはどうしますか?そんな死活問題な状況下で、ブ …

Google Analyticsのトラッキングコードが急に表示されなくなった件

ついさきほど、なんとなく当ブログのソースをボケ〜っと確認していたのですが、自分の目を疑うような出来事 …

WordPressテーマ「Gorgeous (TCD013)」
ブログのデザインをTCDの「Gorgeous」に変更した3つの理由

2014年12月より、当ブログのデザインをTCDの「Gorgeous」(ゴージャス)というテーマをベ …

有名ブロガーたちが実践している名物コーナーをまとめてみた

最近になって当ブログは平均1日1記事のペースで投稿していますが、できればもう少し投稿のペースを上げた …

ブログ歴4ヶ月のわたしが考える、ブログを書く上で本当に大切なこと

ブログ歴4ヶ月の駆け出しブロガーなわたしですが、ブログを書くということはどういうことなのか、少しずつ …

下書き記事をチェックしている風の女性
WordPressで下書き記事を一部の人だけに限定公開できるプラグイン

WordPressで下書き記事を一部の人だけに限定公開できるプラグイン「Public Post Pr …

ブログって何を書けばいい?ブログを書く上で大事にしたい9つの視点

photo credit: pennstatenews via photopin cc ブログって何 …

ブログテーマをSTINGER5に変更した理由と初期カスタマイズまとめ

当ブログのテーマを、TCDの「Gorgeous」から「STINGER5」に変更しました。テーマを変更 …

有馬富士公園のコスモス
わたしがブログ用の写真を上手に撮影するために気をつけている7つのこと

ブログ用の写真を上手に撮影するために、わたしが気をつけている7つのことをご紹介します。ブログ記事にと …

そのブログ記事、あなたなら読みますか?

自分のブログ記事をより多くの人に読んでもらうために、大切にしたいことを整理してみました。それはズバリ …