Photoshopのアクションとバッチを使えばブログ用の画像編集が効率よくできちゃう!

   

Photoshopの「アクション」と「バッチ」の機能を使えば、複数の画像を効率よく、一括で編集することができます。ブログにたくさん画像を使いたいけど、編集が面倒だなぁと感じている方には、とてもオススメなテクニックですよ!

Photoshopのアクションへの作業記録−書き出し

前々から、ブログを書いていて「なんとかしたいなー」と不満に感じていたことがあるんです。それは、ブログで利用する画像の編集作業について。

最近、地元の地域ブログを運営し始めた影響もありますが、ブログに画像を多めに差し込む記事を書くことが増えてきたんですよね。だいたい1記事あたり、10〜20ファイルくらいでしょうか。

ここまで画像が多くなってくると、編集作業も大変になってきました。ヘタすると、記事を書いている時間と同じくらい、画像編集にも時間を費やしてしまってたり。

ブログにとって画像は、文章と同じくらいに大切な要素。さらにわたしは、ほかのブロガーさんとくらべても、画像にこだわってる方かもしれません。でもさすがに、記事を書く時間と画像編集の時間が変わらなくなってきているこの状況は、なんとかしないとちょっとマズい。

そこで、「どうにかして画像編集を効率化できないかなぁ?」といろいろ考えたり調べたりしていたのですが、「おおっ、これは使える!」という方法がありましたので、今回はその方法をご紹介します。

スポンサーリンク

Photoshopのアクションとバッチを使えば効率よくブログ用の画像編集ができちゃう!

ブログ用の画像編集を効率よく行う方法。それは、Photoshopの「アクション」と「バッチ」の両機能を使用する方法です。

「アクション」とは、画像加工の一連の作業手順を記憶しておき、いつでも同じ作業手順を再利用できるようにする機能です。

つぎに「バッチ」とは、上でご説明した「アクション」の処理を、1つのファイルだけではなく複数のファイルに対して一括で処理することができる機能です。

簡単に言ってしまうと、これまで1つ1つの画像ファイルに対して処理していた画像編集処理を、複数の画像ファイルに対してワンステップで、サクッと実行できちゃうんです!いやーすばらしい。

「Creative Cloudフォトグラフィプラン」という神プランがある!

「あのー、わたしPhotoshop持ってないんですけど」という方は、スミマセン。今回ご紹介する方法はお試しいただけません。

ちなみに「Photoshop」って聞くと、とっても高額で欲しくても手が出ないツール、というイメージがないですか?ですが今は、「Creative Cloudフォトグラフィプラン」という神プランがあるんです!ご存知でしたか?

えっと、どこが神なのかといいますと、Photoshop CCと、画像の整理や加工に便利なLightroomというツールが、あわせて月額980円で利用できるというプランなんです。昔では考えられなかったくらいに安くなってますよね!もちろん、わたしもこのプランを利用しています。

まだPhotoshop CCを利用したことがない方は、30日間の無償体験もできます。ご興味がある方は、一度お試しになることを強くオススメしますよ!

Photoshopで効率よくブログ用の画像を編集する手順

おっとすみません、話が本筋からそれましたね。では、Photoshopの「アクション」と「バッチ」の機能を使って、効率よくブログ用の画像を編集する手順をご説明しましょう。今回の手順は大きく分けて、以下の3つに分類できます。

  • 編集済み画像の保存用フォルダを作成しておく
  • 画像編集手順をアクション登録する
  • バッチを実行して画像編集を一括で処理する

では、最初の手順から見ていきましょうか。

編集済み画像の保存用フォルダを作成しておく

まずは、編集済み画像の保存用フォルダを作成しておきます。フォルダを用意する場所やフォルダ名に指定はありません。任意の場所と名前でOKです。

画像編集手順をアクション登録する

Photoshopのアクションウィンドウ表示設定
つぎに、画像編集の手順をアクション登録します。早速、Photoshopを立ち上げてみてください。もし起動後に、アクションのウィンドウが立ち上がっていなければ、メニューの「ウィンドウ」から、アクションにチェックを入れてくださいね。

Photoshopの新規セットを作成
アクションウィンドウが表示されたら、右下の「新規セットを作成」をクリックします。

Photoshopのアクションセット名を入力
新規セットの「アクションセット名」を適当に決めて、「OK」をクリックします。

Photoshopの新規アクションを作成
すると、アクションウィンドウに、作成したセットのフォルダが表示されます。続いて、右下の「新規アクションを作成」をクリックしましょう。

Photoshopのアクション名を入力
新規アクションの「アクション名」も適当に決めます。セットは、先ほど作成したセットを選択することをお忘れなく。ファンクションキーやカラーは、お好きなモノを設定できますが、とりあえずはなしでも大丈夫です。すべての入力が終わったら、「記録」をクリックしましょう。

Photoshopのアクション作成完了と記録スタート

すると、アクションウィンドウに作成した新しいアクション名が表示されます。あと、アクションウィンドウの下部に赤い丸がついたかと思いますが、これはアクションの手順を記録できる状態ですよーというしるしです。ビデオの録画中のようなイメージですね。

ということで、ここからはアクションへの記録作業になります。まずは、ファイルを開く処理を記録してみましょう。記録といっても、なにも難しいことはありませんよ。普通にファイルを開けばいいだけですから。

Photoshopのアクションへの作業記録−開く
はい、ファイルを開くとこのように、先ほど作成したアクションの中に「開く」という作業が記録されたのがわかりますね。その調子でどんどんアクションへ、作業を記録していきましょう。

普段、わたしがブログ用の画像を編集する時によく行なう処理は、以下の3つになりますので、

  • 画像サイズを幅640pixcelに縮小する
  • アンシャープマスクをかける(量:20%)
  • トーンカーブの調整レイヤーを追加し、「明るく(RGB)」のプリセットを適用させる

これらの作業もアクションに記録していきます。ここでの記録も、普段作業している手順をそのまま実行すればいいだけですので、簡単ですよね。

Photoshopのアクションへの作業記録−画像サイズ変更など
アクションの中に作業された記録が、どんどん増えていきます。

Photoshopのアクションへの作業記録−Web用に保存
さらに、編集したファイルを保存する作業を記録していきましょう。メニューの「ファイル>Web用に保存」を選択します。

Photoshopのアクションへの作業記録−Web用に保存のフォルダ指定
ファイルの保存先は、1つ目の作業で前もって作成しておいた、編集済み画像の保存用フォルダを指定して保存してくださいね。

Photoshopのアクションへの作業記録−書き出し
アクションの中に「書き出し」の作業も記録されましたね。ではさいごに、ファイルを閉じる作業を記録していきましょう。はい、フツーにファイルを閉じちゃってください。

Photoshopのアクションへの記録作業完了
アクションの中に「閉じる」の作業が記録されましたね。はい、これをもってアクションへの記録作業は終了です。アクションウィンドウ下部にある「再生/記録を中止」をクリックしてください。

バッチを実行して画像編集を一括で処理する

Photoshopのバッチ処理選択
では、さいごの作業の、バッチを実行して画像編集を一括で処理してみましょう。メニューの「ファイル>自動処理>バッチ」を選択してください。

Photoshopのバッチ処理設定
ここで幾つかの設定が必要になります。まず、実行の「セット」と「アクション」は、2つ目の作業で作成したセットとアクションを選択します。

つぎに、ソースは「フォルダー」を選択し、一括でアクション処理を適用させたい画像ファイルが格納されているフォルダを設定します。あと、その下にも4つほどチェックボックスの項目がありますが、全てチェックを入れて頂いて大丈夫です。さいごの、実行後は「なし」を選択してください。

以上の設定で、「OK」をクリックすると、ソースで指定したフォルダに入っている全ての画像ファイルに対して、一括でアクション処理が実行されます!

Photoshopのバッチ処理完了確認

無事に、複数の画像ファイルに対しての一括アクション処理が完了しました。大きさが「640×427」に縮小されているので、問題なく処理されたことがわかりますね。

ちなみに今回は、テスト的に100ファイルほどを処理してみたのですが、1〜2分程度で全ファイルへのアクション処理が完了しちゃいましたよ。

さいごに

Photoshopのアクションとバッチの機能は、知られているようで意外と知られていない機能ではないでしょうか?わたしもつい最近まで知りませんでした。Photoshopは奥が深いですねぇ。

たとえば、1つの画像を処理するのに3分掛かっていたとして、それが20ファイルになると60分になります。ですが今回ご紹介した、アクションとバッチを使う方法だと、20ファイル程度であればおそらく1分もかかりません。これはものすごい効率化ですよ!ムダな体力の消耗も防げますね。

ブログで使う画像が多くて、編集が面倒だなぁと感じている方は、是非とも試していただきたいテクニックです。

 - アプリレビュー

スポンサーリンク

  関連記事

Evernoteを使いこなせないわたしがSimplenoteを使い続ける4つの理由

突然ですが、日々のちょっとしたメモやテキストの管理はどのようにされていますか?わたしはかれこれ何年も …

あれ?こんなのできたんだ!Simplenoteの意外と知らない3つの機能

Simplenoteにはシンプルなテキストメモツールというほかに、便利でユニークな機能がいろいろ実装 …

「レター」を使えば、おしゃれに親孝行ができそう(作成〜注文編)

とてもおしゃれなアプリを見つけたのでさっそくご紹介。 レター|お試し1通無料、両親が喜ぶカレンダーの …

iPhoneからEvernoteへWebクリップするなら「ドルフィンブラウザ」で決まりでしょう!

iPhoneアプリの「ドルフィンブラウザ」を使えば、メッチャ簡単な2ステップでEvernoteへのW …

「レター」を使えば、おしゃれに親孝行ができそう(到着〜品質編)

※前回の記事をまだ読んで頂けていない方はこちらからどうぞ。 「レター」を使えば、おしゃれに親孝行がで …

SNSの顔出しに抵抗があればBitstripsでアイコンを作ってみたらいいかも

TwitterやFacebookなどの各種SNSで、アイコンの「顔出し」に抵抗があるひとも多いかと思 …

Instagramをやるならばフォローしておきたいおすすめのアカウント7選

写真に特化したSNSとして有名な「Instagram」をもっと楽しむために、是非ともフォローしておき …

サクッと管理!「読書管理ビブリア」は読書ノート作りが楽しくなるアプリ

読み終えた本の情報を効率的に管理する「読書ノート」を簡単に作るには、iPhoneアプリの「読書管理ビ …

iTunesの魅力がさらに広がる!一歩進んだスマートプレイリストを作る方法

photo credit: myheimu via photopin cc iTunesには「スマー …

「はがきデザインキット」の住所録機能が心地いい

皆さん年賀状はちゃんと書いてますか? わたしは以前まで全く年賀状を書いていなかったのですが、結婚して …