iTunesの魅力がさらに広がる!一歩進んだスマートプレイリストを作る方法

      2014/12/01

photo credit: myheimu via photopin cc

iTunesには「スマートプレイリスト」という、お好みのプレイリストが簡単に作成できる便利な機能があります。そんなスマートプレイリストを、もっと楽しく、そしてもっと魅力的にする、一歩進んだ作り方をご紹介します!

スポンサーリンク

先日、突如日本でも発表になった「iTunes Match」の登場もあってか、最近またiTunesが注目を集めていますね。わたしはiTunes Matchは利用していませんが、通常のiTunesは、自宅で作業をする時なんかは特に愛用しています。

そんなiTunesで曲を流すとき、単にアルバムをそのまま流したり、曲順をシャッフルしたりするだけでもいいのですが、曲情報にちょっとだけプラスアルファの情報を付け加えてやれば、一歩進んだスマートプレイリストを作成することができます。

正直、ひと手間かける作業が必要ですが、iTunesの魅力がさらに広がること間違いなしですよ!

iTunesの魅力がさらに広がる!一歩進んだスマートプレイリストを作る方法

曲情報にプラスアルファの情報を付け加える方法とは、曲名を右クリックして「情報を見る」を選択して…

smartplaylist-05

「グループ」の項目に、タグ(キーワード)を入れていく方法になります!

smartplaylist-01

実際にわたしが使っているタグ(キーワード)

では、具体的にわたしが使っているタグ(キーワード)をご紹介します。もちろん全て使う必要はありません。ご自身が使いたいと思う項目やキーワードだけピックアップしていただければと思います。

邦楽or洋楽

  • 邦楽 → /JP
  • 洋楽 → /US

先ずは、邦楽と洋楽の切り分けから。厳密には洋楽=US(アメリカ)ってわけではないですが、面倒なので洋楽は全部「US」としちゃってます。

ヴォーカルの性別

  • 男性 → /M
  • 女性 → /F
  • インストゥルメンタル → /I

次に、ヴォーカルの性別ですね。男女のダブルヴォーカルの場合は……まぁ、好きに分類しちゃってください(笑

はい、ここまではオムニバスアルバムでない限り、アルバム単位で登録が可能ですので、アルバムごとに設定していけばラクです。

そしてここからは、曲単位での設定が必要になるタグになります。iTunesに登録している曲数が多いひとなんかは、とても骨の折れる作業になりますので、一度に全てやろうとせず、気長にゆる〜く取り組んでください。

ムード

  • /Hard
  • /Upper
  • /Cool
  • /Soft
  • /Mellow
  • /Ballad
  • /Spring
  • /Summer
  • /Autumn
  • /Winter
  • /Morning
  • /Night
  • /Run
  • /Drive

アップテンポな曲調だったり、夜に合いそうな落ち着いた曲調だったりという、その曲が持つムードを入れましょう。

サブキーワード

  • /Guitar
  • /Piano
  • /Acoustic
  • /Unplugged
  • /Live

その他、その曲が持っている印象的な情報を入れます。ムードには収まらないけど、入れておきたいキーワードという扱いですね。

グループに追加するタグは、ざっとこんな感じでしょうか。もし、使いたいタグが不足しちゃってたら、ご自由に付け加えちゃってくださいね!

ジャンルは入れなおした方がいい

あと最後に、「ジャンル」の情報について。ジャンルは曲データをiTunesに取り込んだ時点で自動的に登録されますが、結構いい加減な場合が多いです。おんなじアーティストでもアルバムによってジャンルが変わったり、同じジャンルでもアルバムによってカタカナだったり英語だったり。

なのでジャンルに関しては、適切と思われるジャンルを手動で入れなおすことをオススメします。

こだわりの条件で一歩進んだスマートプレイリストを作る

さあさあ、準備はできたでしょうか?いやーホント、お疲れ様でございました。ここまで準備をすれば、あとは「スマートプレイリストで」検索条件を指定してやるだけで、こだわりの条件で一歩進んだスマートプレイリストが一瞬で作れちゃいます!

ちなみに、スマートプレイリストは、「ファイル>新規>スマートプレイリスト」で作成することができますよ。

smartplaylist-02

では実際に、検索条件を指定する例をいくつかあげてみますね。

80年代の邦楽で、夏らしくアッパーな曲のプレイリスト

smartplaylist-03

洋楽の男性で、夜に聞きたいしっとりとしたバラード曲のプレイリスト

smartplaylist-04

こんな感じです。簡単ですよね!もっと条件を追加したい場合は、右側にあるプラスボタンをクリックすればOKです。

さいごに

いかがでしょうか?スマートプレイリストは、新しい曲から古い曲まで、いろんなジャンルの曲をいっぱい入れた方が断然楽しいので、HDDの容量と作業時間(と精神力)が許す限り、iTunesにガンガン曲を登録しちゃいましょう!でもまぁその分、タグの登録が大変ですけどね(汗

曲をいっぱい入れたいんだけど、PCのHDD容量が心もとない、という方は、外付けHDDにデータを登録するというのもひとつの手ですね。今は1〜3TBといった大容量でも、1万円前後のお手頃価格で手にはいります。

 

さあ皆さんもぜひ、一歩進んだスマートプレイリストを作成して、楽しいiTunesライフを!

 - アプリレビュー

スポンサーリンク

  関連記事

「レター」を使えば、おしゃれに親孝行ができそう(到着〜品質編)

※前回の記事をまだ読んで頂けていない方はこちらからどうぞ。 「レター」を使えば、おしゃれに親孝行がで …

あれ?こんなのできたんだ!Simplenoteの意外と知らない3つの機能

Simplenoteにはシンプルなテキストメモツールというほかに、便利でユニークな機能がいろいろ実装 …

Evernoteを使いこなせないわたしがSimplenoteを使い続ける4つの理由

突然ですが、日々のちょっとしたメモやテキストの管理はどのようにされていますか?わたしはかれこれ何年も …

SNSの顔出しに抵抗があればBitstripsでアイコンを作ってみたらいいかも

TwitterやFacebookなどの各種SNSで、アイコンの「顔出し」に抵抗があるひとも多いかと思 …

サクッと管理!「読書管理ビブリア」は読書ノート作りが楽しくなるアプリ

読み終えた本の情報を効率的に管理する「読書ノート」を簡単に作るには、iPhoneアプリの「読書管理ビ …

Instagramをやるならばフォローしておきたいおすすめのアカウント7選

写真に特化したSNSとして有名な「Instagram」をもっと楽しむために、是非ともフォローしておき …

ブログで使う説明画像を一瞬で作るには「Skitch」を使うべし!

これまでブログで使う説明画像の作成にはPhotoshopを使っていたのですが、矢印が上手く描けなかっ …

「Eye-Fi Mobi PC転送ツール」を使えば作業効率が格段にアップ!

「Eye-Fi Mobi PC転送ツール」を使えば、iCloudやDropboxなどのクラウドサービ …

iPhoneのTwitterクライアントは「Tweetlogix」以外考えられない6つの理由

iPhoneのTwitterクライアント「Tweetlogix」の便利機能をご紹介します。スッキリ洗 …

「はがきデザインキット」の住所録機能が心地いい

皆さん年賀状はちゃんと書いてますか? わたしは以前まで全く年賀状を書いていなかったのですが、結婚して …