ソフトバンクのiPhone料金を月9,000円から半額の4,500円まで安くするために実践したこと

      2015/05/01

毎月9,000円ほど掛かっていたソフトバンクのiPhone利用料金を、半額の4,500円近くまで安くするために実践してみたことをお話します。一日の大半をWi-Fiが使える環境で過ごしているのなら一度、料金プランを見なおしてみては?

credit: Janitors via FindCC

スポンサーリンク

突然ですが、まずはこちらをご覧ください。

softbank-plan-change-02
勘がイイ方はもうおわかりかと思います。コレはわたしの、2015年1月分のソフトバンク料金明細です。ちなみに今はiPhone 6 Plusの64GBモデルを使用していて、この明細の2015年1月時点で、4ヶ月目になります。

どうでしょうか?けっして少なくない金額ですよね。5桁までもう手が届きそうです。でもまぁ、ソフトバンクとかの3大キャリアでフツーにiPhoneを使っていれば、きっとこれくらいの料金になっちゃいますよね?

自分のiPhone通信費はやっぱり高い?!

これまで自分の通信費、特にiPhoneの通信費を見直すということは、あまり考えたことがありませんでした。「iPhoneを持ったらこれくらいはかかるだろう。」と、当たり前のように考えていたんですね。

ですが近頃、格安SIM格安スマホというモノが、かなり盛り上がってきています。

「スマホの通信費が2,000円台に下がった!」なんていう情報を見聞きしていると、あまりの価格差に愕然とします。そしてさすがに、自分の通信費が「ちょっと高すぎるんじゃないの?」と思うようになってきました。

それでも今すぐの乗り換えはできない…

本当であれば、今すぐにでも格安スマホへの乗り換えを検討したいところなのですが、今のiPhone 6 Plusは昨年の9月に機種変更をしたばかり。

なので今すぐ乗り換えちゃうと、ソフトバンクへの違約金が発生してしまうばかりか、実質0円になるはずだった端末代の残金を自腹で払わないといけなくなります。そんな事情で、今すぐ他社に乗り換えるということは、ちょっとできない。

じゃあ、もうしばらくソフトバンクにお世話になるとして、なんとかして通信費を抑えることができないだろうか?

そう考えるようになって、はや数ヶ月。そしてついに先月末、ある大胆なプラン変更を申し込んできました。これで毎月9,000円ほど掛かっていた費用を、約半分の4,500円ほどに削減できる見込みです!

「パケットし放題フラット for 4G LTE」を外す

まず一番大きな変更点として、パケット定額サービスの「パケットし放題フラット for 4G LTE」をやめて「パケットし放題 for 4G LTE」にしました。「フラット」を取っちゃった形です。

今まで契約していた「パケットし放題フラット for 4G LTE」は、月額5,200円の定額料金で、7GBのデータ通信まで速度制限なしで利用できるというサービスです。

そして今回から契約した「パケットし放題 for 4G LTE」とは、月額2,000円〜6,200円の料金幅で7GBのデータ通信まで速度制限なしで利用できるというプランです。

softbank-plan-change-03
簡単に言うと、「データ通信を全く使わなくても、いっぱい使っても同じ料金」なのか、「データ通信を全く使わなければ安くなるけど、いっぱい使えば高くなる」という違いになります。

そう、ここでわたしは「データ通信を全く使わなければ安くなる」という点に注目しました。

自分のiPhone利用シーンを振り返ってみる

そこで自分が今、どこでiPhoneを使ってデータ通信をしているか?ということを振り返ってみます。するとほとんどが、自宅でWi-Fiを使ってデータ通信をしているんです。

そしてたまに、リフレッシュしたくて利用する近所の図書館、そしてスタバをはじめとしたカフェなんかにもWi-Fiがあります。あと一応、パート先でもWi-Fiが使えます。

このように、わたしが一日の大半を過ごすスペースでは、ほぼWi-Fiが使える環境ということを再認識しました。ということは、ソフトバンクの回線を使ったデータ通信は、ほとんどしていないことになります。

ただもちろん、ソフトバンクの回線を全く使っていないということはありません。たとえば移動時間にニュースやお気に入りのブログを読むことだってありますし、Twitterを見たりLINEをしたり、通信が発生するゲームをすることだってあります。

でもそれらのすべては、わたしにとっては我慢できる範囲内と考えました。我慢しようと思えばできることに対して、毎月5,200円ものお金をかけるのは、やはりもったいないですよね。

ということで、我慢できる範囲内での不便は承知の上で、「パケットし放題 フラット for 4G LTE」を外しちゃいました。

「パケットし放題 フラット for 4G LTE」を外すと月々割が減額になる

でも実は、「パケットし放題 for 4G LTE」を外すことによる問題がもう一つあるんです。それは、「月々割」が増額される「バリュープログラム」が解除されてしまうというもの。

softbank-plan-change-04
これはもう、ソフトバンクが決めた制約なので、どうすることもできません。ちなみにこの「バリュープログラム」の増額分は、利用している端末によって変動するらしく、わたしが利用しているiphone 6 plus の64GBモデルでは、440円でした。

なので、パケット定額サービスの変更で、5,200円-2,000円=3,200円の削減になると思いきや、440円の割引がなくなってしまうことで、最終的には2,760円の削減になります。それでも大きな削減になることには変わりありませんけどね。

無駄なオプション契約がないかをチェックする

つぎに、無駄なオプション契約がないかを徹底的に見直しました。ちなみに、プラン変更前のオプション契約内容は、こちらのようになっていました。

softbank-plan-change-05
この中から今回、見直したオプション契約は以下になります。

iPhone基本パック

こちらは以前にも記事にしましたね。「iPhone基本パック」に関しては、わたしにとって「位置ナビ」以外は、まったく必要のないものだったので、迷わず解除しました。

あんしん保証パック(i)

「あんしん保証パック(i)」は、故障などで修理に掛かった費用の85%以上をソフトバンクが還元してくれるといったようなサービスです。

このサービス自体にはまったく問題ないのですが、わたしはAppleが提供している保証サービスの「AppleCare」にも入っているので、二重に保証をかけていたような状態でした。これはもったいない…。

二重の保証は必要ありませんね。AppleCareは残して、あんしん保証パックを解除しました。

S!メール(MMS)どこでもアクセス

「S!メール(MMS)どこでもアクセス」は、S!メール(@softbank.ne.jp)を、パソコンからでも利用できるサービスです。「へぇ、そんな機能があったんだー。」と思ったほどに、まったく使ったことのない機能ですね。

なおこちらは、1月分の明細では無料特典ということで相殺されていますが、iPhone基本パックを解除すると有料になってしまうらしいので、これも迷わず解除しました。

テザリングオプション

「テザリングオプション」は、スマホをWi-Fiルーターにして、パソコンなどをインターネット接続するサービスです。このオプションは確か、2年間の無料期間があったのですが、いつのまにか終わっちゃってました(笑)。

テザリングはたまに使うことがあったのでかなり迷いましたね。でも、月500円を払ってまで使う頻度ではないので、こちらも思い切って解除しました。

最終的にいくらの削減になった?

まとめると、以下のようになりました。

  • 2015年1月分:9,231円
  • 「パケットし放題 for 4G LTE」に変更:-3,200円
  • 「iPhone基本パック」を解除:-500円
  • 「あんしん保証パック(i)」を解除:-500円
  • 「テザリングオプション」を解除:-500円
  • 「バリュープログラム」対象外:+440円
  • 2015年3月分予測:4,971円
  • あと、家族通話以外の通話は発信しないようにするなどの工夫をして、1月分に載っている通話料・通信料の423円を0円に抑えることができれば、最終的な予測は4,548円となります。

    これでおおよそ、毎月4,500円程度にまで抑えることができそうですね!

    ただこちら、先月末にプラン変更の申し込みをしたばっかりなので、まだ予測の域を出ていません。このプラン変更が有効になる3月分の明細が確定したら、また追って公開したいと思います。

    モバイルデータ通信の設定を切っておこう!

    そしてひとつ、忘れてはいけないことがあります。「パケットし放題 フラット for 4G LTE」を外した場合には必ず、ソフトバンク回線でデータ通信しないように設定しておきましょう。そうしないとデータ通信費が最大で6,200円と高額になって、それこそ本末転倒ですからね。

    設定は簡単で、iPhoneの設定から「モバイルデータ通信」をオフにするだけです。

    softbank-plan-change-06

    あと念のため、画面最下部にある「統計情報のリセット」をしておきましょう。想定外のモバイルデータ通信が発生していないかのチェックがしやすくなります。

    softbank-plan-change-07

    さいごに

    今回、ソフトバンクのiPhone料金を安くするために実施した内容は、どなたにでもおすすめできる内容ではありません。

    ですが、ご自身のiPhone利用シーンを今一度見直し、1日のほとんどをWi-Fiが使える環境で過ごしているのであれば、毎月5,200円もの通信料が掛かる「パケットし放題 フラット for 4G LTE」の変更を検討してもいいでしょう。

    あと、オプションプランも改めて見直してみると、「ああ、よくよく考えるとこれは無駄だな」と思える契約が残っていたり、以前は無料だったけど、無料期間が終わっていつの間にか有料になっている、といったものがあったりします。

    パケット定額は外せない方でも、オプションプランを長らく見直しをしていなければ、ぜひ再チェックしてみてください。意外な無駄が見つかるかもしれません。

    さあ今月からiPhone 6 Plusでは、Wi-Fi以外でのデータ通信をストップさせます。ちょっとしたチャレンジですね。

    不便になることは確実ですが、その不便さが深刻な問題になるとまでは、今のところ考えていません。逆に新たな「スキマ時間」が生まれて、いままでできなかったことができるようになるかもしれません。

    とりあえずはしばらくこの生活を続けてみて、その中で感じたことがあれば、また体験談としてレポートしたいと思います!

     - iPhone

    スポンサーリンク

      関連記事

    ソフトバンクのタダで機種変更キャンペーンでiPhone 5を下取り返送する手順

    ソフトバンクでiPhone 6もしくは、iPhone 6 Plusに機種変更する際、それまで使用して …

    iPhone 6/6 Plusには必要なし!ソフトバンクの一定額ストップサービスを解除する方法

    iPhone 6 Plusに機種変更してからずっと困っていた、ソフトバンクの「一定額ストップサービス …

    わたしがiPhoneのウィジェットに設定している対応アプリ9選

    iPhoneをワンランク上の便利ツールへと変身させてくれる「ウィジェット機能」。わたしが今、ウィジェ …

    【レビュー】iPhone 6 Plusを1日使ってみて気に入った点と気に入らない点

    iPhone 6 Plusを1日使ってみて実際に感じた、iPhone 6 Plus気に入った点と気に …

    iPhoneカメラ自撮りをリモコンで!ワイヤレスリモートシャッターがイイ感じ

    iPhoneのカメラで「自撮り」をする時に便利に使えるリモコン「ワイヤレスリモートシャッター」をご紹 …

    【レビュー】iPhone 6 Plusのサイズでも使える三脚固定ホルダーを買ってみた

    iPhone 6 Plusのような、サイズの大きいスマートフォンでも利用可能な、三脚固定ホルダーを買 …

    iPhone 5 バッテリー交換プログラムの受付は2015年3月1日まで。まだの人は急いで!

    一部のiPhone5で見つかったバッテリー初期不良を救済する「iPhone 5 バッテリー交換プログ …

    iPhone5が急に充電できなくなったときに試した方がいいこと

    photo credit: William Hook via photopin cc iPhone5 …

    わたしがiPhone 6 Plusの64GBスペースグレイを予約した7つの理由

    わたしがiPhone 6ではなく、iPhone 6 Plusの64GBスペースグレイを予約した7つの …

    iPhone 6 Plus純正レザーケースの皮脂汚れを目立たなくさせる方法

    iPhone 6 Plusの純正レザーケースについた皮脂汚れを、目立たなくさせる方法をご紹介します。 …